「海上運送法及び船員法の一部を改正する法律案」を閣議決定

平成29年2月3日

 近年における海上運送事業を取り巻く社会経済情勢の変化に対応し、安定的な海上輸送の確保等を一層推進するため、[1]準日本船舶の範囲の拡大、[2]先進船舶の導入等の促進、[3]船員の労働環境の改善や船舶運航の安全確保等の措置を講ずる「海上運送法及び船員法の一部を改正する法律案」が、本日閣議決定されました。

「海上運送法及び船員法の一部を改正する法律案」を閣議決定

アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大
レスポンシブ広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大