日本海事代理士会 口述試験直前対策セミナー

内容

※日本海事代理士会ホームページより一部引用

対   象:平成28年海事代理士試験筆記試験合格者(筆記試験の免除者)

日 時:平成28年11月27日(日曜日)午後1時~

場 所:東京海員会館


内 容

・日本海事代理士会所属の海事代理士が口述試験の実地体験を繰り返し練習を行います。試験当日に雰囲気にのまれて実力が発揮できない受験生もおられるようなので,自信をつけて臨まれるように指導します。

・地方在住の方は,試験会場の下見等の不安はありません。試験前日に宿泊を希望される方は,セミナー終了後,セミナー会場と同じ場所にある宿泊施設にシングルルームを確保します。試験当日も,希望される方は試験会場まで当会職員が引率します。

・受講された受講生は,平成25年度は100%,26年度は96%,27年度は96%が合格されました。

・参加をご希望の方は日本海事代理士会本部までご連絡下さい。追って詳細をお知らせします。

利点と感想

利点1

試験前日に開催されます。実際に口述試験の疑似体験(4セットくらい?)ができるので自信がつきます。

参加定員は24名です。まず6班に分かれて1〜3班が模擬練習を行い、4〜6班は別室で日本海事代理士会の職員の方のお話を聞きます。模擬練習が2セット終了した時点で入れ替わります。

模擬練習は同じ部屋で12人(プラス試験官役12名)一斉に行います。試験官役の質問は大勢の声にかき消され聞き取り辛く非常に疲れます。この状況で聞き取ることが出来れば本番は心配ないでしょう。(本番は人口密度も低く比較的聞き取り易かったような気がします。)

模擬練習を待つ班はその間、先輩海事代理士の方のお話(体験談や勉強法など)を聞きます。(質問も出来ます)

指導[模擬練習2回(計4セット)・お話2回]が終わるとセミナーの代表者らの簡単なあいさつがあり、解散となります。

模擬練習

講義(体験談や勉強法など)

 

利点2

セミナー会場(東京海員会館)にそのまま宿泊出来るので非常に楽です。翌日の集合場所(引率してもらう人のみ)もこのホテルのロビーです。

利点3

試験当日は、試験会場(国土交通省)まで海事代理士会の職員の方が引率してくださるので余計な心配(迷子や遅刻)や不安を感じることなく試験のみに集中できます。ただし、会場には9時前後に到着してしまうので午後からの方は待ち時間が長く辛いと思います。(引率は早朝の1度きりです。)

※日付はすべて平成28年のものです。受験年のセミナーについては日本海事代理士会ホームページ等でご確認ください。

昨年と同様であれば、10月のはじめに日本海事代理士会のホームページに「口述試験直前対策セミナーの開催について(お知らせ)」が掲載されると思います。

私は、合格発表の日の正午すぎに日本海事代理士会に連絡しました。すると、職員の方が慌てた様子でまもなく満席ですと言っておられました。参加希望の方はなるべく早く連絡を。

日本海事代理士会

口述試験の概要と所感
海事代理士試験 口述試験の概要と所感 海事代理士試験体験記

※平成28年海事代理士口述試験 受験要領

アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大
レスポンシブ広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大