日本人は一生のうち探し物にどのくらい時間を費やしているのか?

スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大

日本人は一生のうち52日間をなくしものを探すために時間を費やしている

ライターのメーカーとして世界的に知られるZippo社のオンライン調査によると、日本人は一生のうち、52日間(平均:75322分間)を「なくしもの探索」に時間を費やしているらしい。

☞日本人のなくしものトップ10

1位:ペン
2位:現金
3位:財布・小銭入れ
4位:書籍、ノート
5位:ライター
6位:自転車
7位:衣類
8位:車の鍵
9位:宝飾品
10位:携帯電話


~おすすめ商品~

私は車の鍵やテレビのリモコンなどをよくなくしてしまうのでキーファインダーを使用しています。操作は簡単で、カギが見当たらない時、リモコンのカギのマーク、見当たらない色のボタンを押すだけです。ファインダーが電波を受信してピピピと鳴って場所を教えてくれます。

家が狭いので実際、確認出来ていませんが「最大約30メートル範囲で遺失物の位置を特定可能」 みたいです。

これで無駄な時間を短縮できるかもしれません?


この調査は以前、日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、インド、中国、香港、韓国の様々な年代を対象に行なわれたもの。日本では1002人(男性473、女性529)を対象に行なった。

この調査によると、大切なものを紛失した日本人の多くは感傷的な反応をすることが判明。調査対象者の2人に1人(52.2%)はショックをうけ、3分の1(31.9%)はパニックになり、5人に1人(17.8%)は精神的な助けを配偶者や親に求めると回答した。大切なものをなくした心の痛みを分かち合うために誰かに電話をすると回答した女性は11%であり、男性5.5%の2倍に達している。

そして物を探すのに日本人が費やす時間は他の国と比較すると短く、1か月あたり平均76分で、調査対象10カ国の中、第7位。最も多くの時間を費やすのは中国人で154分、続いて香港が129分、インドでは118分間を費やしていることがわかった。 また、Zippoライターを所有している日本人の5人に1人以上(21%)は、Zippoライターをなくした経験があることが判明。さらに多くの日本人(46.2%)がZippoライターをなくしたことにショックを受けた経験を持っていることがわかった。このショックの大きさは、ロシアに次いで、第2位だった。

一方、日本人の謙虚な一面も見受けられる結果も。日本で他人の財布を拾っても、86.6%の人は現金を抜き取ることなく持ち主に返すと回答。たとえ日本でものをなくしたとしても、そのままで無事に戻ってくる可能性が高いといえる。さらになくしてショックが大きいものについて質問したところ、日本人の5人に1人近く(17.1%)は、交際相手に振られた場合に最も精神的なショックを受けると回答。次に、毛髪がなくなること(14.4%)、失態を犯して同僚からの尊敬を失うこと(13.9%)との回答結果となった。

アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大
レスポンシブ広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする