小学校教師(小学校の先生)になるには

スポンサーリンク
AdSence大




小学校教師(教諭)への道のり

ステップ1 
高校を卒業する。

ステップ2
教育機関の小学校教員の養成課程などにおいて、所定の単位を取得する。
または、認定試験に合格する。
大学を卒業する。(小学校教諭1種)
※大学院を卒業する。(専修免許状)

短期大学を卒業する。(小学校教諭2種)

小学校教員資格認定試験に合格する。(小学校教諭2種)
 受験資格:高等学校を卒業した者など

ステップ3

ステップ3-1 公立小学校教師
教員採用候補者選考試験に合格

教員採用候補者名簿に登載

採用
 
ステップ3-2 私立小学校教師
私立小学校の教員採用試験に合格

採用

公立学校教員採用選考試験(小学校)

受験者数

51,197人( 1.8%減):平成30年度

採用者数

15,934人( 6.1%増):平成30年度

競争率(倍率)

2~7倍(受験する地域よって違います。全国平均は約3.2倍):平成30年度


競争率(倍率)が最も低い県:新潟県   1.8倍

競争率(倍率)が最も高い県:鹿児島県  7.4倍

難易度

★★★★☆(難しい)

試験対策は、大学2年の終わり頃から始めるべき!

将来性

★★★★☆(あり)


  良い点  

・子供の成長を間近で感じることができるなど、やりがいがある。

・地方公務員であり、安定しており給料はいい。(公立小学校教師)

・問題をおこさなければリストラはない。

  悪い点  

・「いじめ」「不登校」「学級崩壊」「モンスターペアレント」といった様々な問題がある。

・労働時間が非常に長い。(体力勝負)

参考資料:文部科学省ー平成30年度公立学校教員採用選考試験の実施状況ー

小学校教員採用試験編メニュー

 
アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
AdSence大




AdSence大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする