② 民法



概要

○筆記試験がおこなわれる科目です。

  筆記試験☞配点(10点/220点)

○文章の穴埋めや正誤を問う問題で構成されています。

 私の分析 得点皮算用

得点効率(獲得できる得点/労力)
☆☆☆☆

過去問踏襲率               
★★☆☆☆

私の勉強法

            レベル1 (必須)

◇過去問10年分。

       レベル2(6割超え狙い)

◇基礎的な民法のテキストや問題集を中心に勉強しましょう。

使用書籍(参考サイト)

みんな合格! 公務員 いちばんわかりやすい 民法—1問1答○×チェック付/豊泉 裕隆氏/早川 兼紹氏

    レベル3(確実な合格狙い)

◇本サイトに練習問題があります。

民法の練習問題一覧
海事代理士試験 民法 練習問題

◇相当な時間的余裕がない限りこれ以上の学習は必要ないと思います。初学者には非常に手強い科目です。☞(条文1044条→配点10点より)

◇法令データ提供システム

オンライン法令検索(e-Gov法令検索)
法令データ提供システム オンラインで法令を調べる

※参考書籍(参考サイト)

民法がわかった 田中嗣久氏/田中義雄氏

まとめ

◇条文が多くさらにそれが万遍なく出題され、的が絞れない以上、時間的余裕がない初学者(私も)の場合は、レベル1(過去問)のみを完璧にすればいいと思います。もし突然、出題傾向が変わったら・・・私は0点です。(諦)

目標点 /10点

参考(作者の自己採点)

平成28年筆記試験

☞レベル2まで遂行⇒7/10点

※例年との難易度比較(易)

アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大
レスポンシブ広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大