③商法



概要

○筆記試験がおこなわれる科目です。

  筆記試験☞配点(10点/220点)

○海商の部分が出題されます。

○文章の穴埋めや正誤を問う問題で構成されています。

○穴埋め問題は文語体で出題されます。

手引  主タル用語及ビ定義等

条文は文語体です。

◇用語の読み

端舟(たんしゅう)船荷証券(ふなにしょうけん)船籍港(せんせきこう)碇泊(ていはく)六个月間(6かげつ)共同海損(きょうどうかいそん)惹起(じゃっき)

◇項目

◯定義について

◯運送賃の請求について

◯利害関係人について

◯時効(起算日も)について

◯海上保険契約(保険者の責任の開始と終了の時期・保険価額の評定時期)について

◯特約について

◯委付について

◯船舶債権者について

◯先取特権について

◯抵当権について

◯質権について

◯共同海損の分担額について

など

 私ノ分析 得点皮算用

得点効率(獲得できる得点/労力)
★★★☆☆

過去問踏襲率  
★★★☆☆

私ノ勉強法

            レベル 一、(必須)

◇過去問10年分。

       レベル 二、(六割超エ狙イ)

◇条文を繰り返し読みます。文語体で読みにくいので下記サイトの口語体に翻訳?した条文を読むとわかりやすくてよいと思います。

◇本サイトに練習問題があります。

商法の練習問題一覧
海事代理士試験 商法 練習問題

◇法令データ提供システム

オンライン法令検索(e-Gov法令検索)
法令データ提供システム オンラインで法令を調べる

参考サイト

ぴゆのブログ(海商法の邦訳)/ぴゆ氏

本サイトの練習問題

    レベル 三、(確実ナ合格狙イ)

◇特にありません。

 

纏メ

◇今の出題傾向が続けば、過去問を確実に記憶しておけば6割以上獲得出来ると思います。時間に余裕があれば(文語体では読みにくいので)口語体で条文を読んでおくこと(レベル2)をお勧めします。数点上乗せできるかもしれません。

目標点 /十点

参考(作者ノ自己採点)

平成28年筆記試験

☞レベル2まで遂行⇒10/10点

※例年との難易度比較(易)

アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大
レスポンシブ広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大