⑱国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律(国際港湾施設に係る部分を除く。)



概要

◇筆記試験がおこなわれる科目です。

  筆記試験☞配点(10点/220点)

◇出題形式は穴埋め(記述式)問題です。

手引き おもな用語や定義など

次の用語を穴埋め記述できるようにする。

◯船舶警報通報装置

◯船舶指標対応措置

◯船舶保安統括者

◯船舶保安管理者

◯操練

◯船舶保安記録簿(3年保存)

◯船舶保安規定

◯船舶保安規定承認申請書

◯定期検査

◯臨時検査

◯所有者所在地官庁

◯船舶保安評価書

◯船舶保安証書(有効期間5年:延長3月)

◯臨時船舶保安証書(有効期間6月)

◯臨時船舶保安証書の満了

◯国際海上運送保安指標

◯制限区域

◯危害行為

◯保安の確保

◯国際航海

◯海上保安庁

◯国土交通大臣の承認

◯国際航海日本船舶の所有者(乗組員)

◯船長

 私の分析  得点皮算用

得点効率(獲得できる得点/労力)
★★★★★

過去問踏襲率  
★★★★★

私の勉強法

            レベル1 (必須)

◇過去問10年分。

       レベル2(確実な合格点狙い)

◇条文を読んで用語を確認します。(23条くらいまで)

◇本サイトに練習問題があります。

国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律 練習問題一覧
海事代理士試験 国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律の練習問題一覧

参考サイト

・国土交通省ホームページ

・法令データ提供システム

    レベル3(ー)

◇特にありません。

まとめ

◇今の出題傾向であれば、「手引き」に挙げた用語を確実に穴埋め記述できれば9割以上獲得できると思います。(☞過去問を繰り返しましょう。)おそらく記述式問題なので誤字脱字に気をつけて満点を狙いましょう。

目標点 10/10点

参考(作者の自己採点)

平成28年筆記試験

☞レベル2まで遂行⇒10/10点

※例年との難易度比較(例年並み)

アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大
レスポンシブ広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大