① 憲法

概要

○筆記試験がおこなわれる科目です。

筆記試験☞配点(10点/220点)

○文章の穴埋めや正誤を問う問題で構成されています。

 私の分析 得点皮算用

得点効率(獲得できる得点/労力)
★★★☆☆

過去問踏襲率  
★★★☆☆

私の勉強法

            レベル1 (必須)

◇過去問10年分。

       レベル2(6割超え狙い)

◇条文をすべて読んで概ね(穴埋め記述を意識して)覚えます。☜やってみると意外に覚えることが出来ると思います。

◇本サイトにおいても穴埋めの練習問題を掲載しています。

憲法の練習問題一覧
海事代理士試験 憲法の練習問題

◇他試験の問題集やサイト等で穴埋め問題を繰り返します。(記述式と思って勉強すべきです。)

bechi
大学の憲法の教科書でした。判例も多く掲載されていてとても良い本ですが、海事代理士試験においてはややオーバーワークかもしれません。

    レベル3(確実な合格狙い)

◇公務員試験の憲法で頻出しているような重要な判例を読みます。

◇本サイトに判例の練習問題があります。

憲法の判例 練習問題
海事代理士試験 憲法の判例 練習問題

※参考書籍(参考サイト)

・みんな合格! 公務員 いちばんわかりやすい 憲法—1問1答○×チェック付/豊泉 裕隆氏/西村 洋祐氏

・憲法判例集/野中俊彦氏/江橋崇氏
・法令データ提供システム
オンライン法令検索(e-Gov法令検索)
法令データ提供システム オンラインで法令を調べる

 まとめ

◇過去問と条文暗記(穴埋め記述レベル)で少なくとも5割以上獲得出来ると思います。

◇時間的余裕があれば重要な判例をチェックしておくと更に1、2点稼ぐことができるかもしれません。

目標点 /10点

参考(作者の自己採点)

平成28年筆記試験

☞レベル3まで遂行⇒10/10点

※例年との難易度比較(易)

アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大
レスポンシブ広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大