⑯船舶のトン数の測度に関する法律



概要

◇筆記試験がおこなわれる科目です。

  筆記試験☞配点(10点/220点)

◇出題形式は穴埋め(記述式または語群選択式)問題です。

手引き  おもな用語や定義など

◯法の趣旨について

◯閉囲場所上甲板貨物積載場所基準喫水線国際トン数証書の定義について

◯国際総トン数について
☞主として国際航海に従事する船舶について、その大きさを表すための指標として用いられる指標。

◯総トン数について
我が国における海事に関する制度において、船舶の大きさを表すための主たる指標として用いられる指標。

◯純トン数について
旅客又は貨物の運送の用に供する場所とされる船舶内の場所の大きさを表すための指標として用いられる指標。

◯載貨重量トン数について
☞船舶の航行の安全を確保することができる限度内における貨物等の最大積載量を表すための指標として用いられる指標。

◯国際トン数証書について
長さ二十四メートル以上の日本船舶の船舶所有者(当該船舶が共有されているときは船舶管理人、当該船舶が貸し渡されているときは船舶借入人。以下同じ。)は、国土交通大臣から国際トン数証書の交付を受け、これを船舶内に備え置かなければ、当該船舶を国際航海に従事させてはならない。

◯国際トン数確認書について
長さ二十四メートル未満の日本船舶の船舶所有者は、当該船舶を国際航海に従事させようとするときは、国土交通大臣から国際総トン数及び純トン数を記載した書面(国際トン数確認書)の交付を受けることができる。

◯国際トン数証書の返還(国土交通大臣)について

 私の分析 得点皮算用

得点効率(獲得できる得点/労力)
★★★★★

過去問踏襲率  
★★★★★

私の勉強法

            レベル1 (必須)

◇過去問10年分。

       レベル2(確実な合格点狙い)

◇過去問の穴埋め問題をすべて記述できるようにします。

参考サイト

・国土交通省ホームページ

・法令データ提供システム

    レベル3(満点狙い)

◇条文を繰り返し読み概ね暗記します。

◇本サイトに練習問題があります。

船舶のトン数の測度に関する法律の練習問題一覧
海事代理士試験 船舶のトン数の測度に関する法律の練習問題一覧

まとめ

◇今の出題傾向であれば過去問だけでも8割以上獲得できそうです。条文が非常に少ないので可能であればすべて暗記して満点を狙いましょう。

目標点 10/10点

参考(作者の自己採点)

平成28年筆記試験

☞レベル2まで遂行⇒9/10点

※例年との難易度比較(例年並み)

アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大
レスポンシブ広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大