⑨港湾運送事業法



概要

○筆記試験がおこなわれる科目です。

  筆記試験☞配点(10点/220点)

○出題形式は穴埋め・正誤・選択問題です。

手引き おもな用語や定義など

法の目的
☞この法律は、港湾運送に関する秩序を確立し、港湾運送事業の健全な発達を図り、もつて公共の福祉を増進することを目的とする。

検数事業☞箇数の計算、受渡の証明

検量事業☞容積又は重量の計算

●鑑定事業☞調査、鑑定、証明

◯港湾運送事業(一般港湾運送事業、港湾荷役事業、はしけ運送事業、いかだ運送事業、検数事業、検量事業、鑑定事業)の許可☞種類港湾ごとについて

◯許可基準について

◯罰則について

◯寄託(荷受人・倉庫営業者)について

◯事業計画について

◯事業計画の変更について

◯国土交通大臣の命令について

◯運輸審議会について

◯港湾運送事業の休止又は廃止の届出について

◯港湾運送事業の停止又は許可の取り消しについて

◯割戻について

◯運賃及び料金の届出について

◯抵当権、不動産について

事業の開始と廃止について(一覧表作成例)

 開始休止又は廃止
港湾運送事業者許可届出(30日前まで)
港湾運送関連事業者届出(あらかじめ)届出(30日以内)

 ☞国土交通大臣


 私の分析 得点皮算用

得点効率(獲得できる得点/労力)
★★★★

過去問踏襲率          
★★★★

私の勉強法

            レベル1 (必須)

◇過去問10年分。

       レベル2(6割超え狙い)

◇過去問の穴埋め問題を記述できるようにします。

◇本サイトに練習問題があります。

港湾運送事業法 練習問題
海事代理士試験 港湾運送事業法 練習問題

参考書籍
海事代理士厳選過去問題集 (ReaL海事代理士講座)/海事代理士試験研究センター

    レベル3(確実な合格狙い)

◇条文を繰り返し読みます。(あまり多くなくて読めそうな感じです。)

参考サイト

・法令データ提供システム

まとめ

◇今の出題傾向であれば過去問を完璧にすれば8割以上獲得できると思います。

◇年によっては語句記入式の穴埋め問題が出題されています。記述で勉強をしておいたほうがかなり安心です。

◇平成18年以前のものは、大きな法改正があったようで使用しないほうがいいようです。

目標点 /10点

参考(作者の自己採点)

平成28年筆記試験

☞レベル3まで遂行⇒9/10点

※例年との難易度比較(例年並み)

アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大
レスポンシブ広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大