【超初心者向け】プローブの当て方とエコー画像の見え方

スポンサーリンク
AdSence大




 準備

いろは先生
本ページでは超音波プローブ(探触子)を当てる腹部の位置とその時に映し出される画像を見ていきます。

いろは先生
実際にエコーをはじめる前に、しっかり準備をしておこう!
具体的には…
・超音波診断装置の使い方超音波の性質を勉強しておくこと。
腹部の解剖をよく理解しておくこと。
健常な各臓器のエコー(超音波)像をしっかり勉強しておくこと。

※このページでは、健常なエコー像のみ説明しています。疾患のエコー像ではさらに各疾患の特徴などを覚えていく必要があります。

 腹部エコーで検査するおもな臓器は?

肝臓(かんぞう)
Liver(リィヴァー)

胆嚢(たんのう)
GB/gall bladder(ジービー/ゴール・ブラダー)

膵臓(すいぞう)
Pancreas( パァンクリィアス )

脾臓(ひぞう)
Spleen(スプリーン)

腎臓(じんぞう)
kidney(キドニー)

大動脈(だいどうみゃく):腹部大動脈
aorta(エィオールタァ/アオルタ):abdominal (アブドミナル)aorta

下大静脈(かだいじょうみゃく)
IVC:inferior vena cava(アイヴィシー)

必要に応じて検査する臓器

・消化管
胃(い)
小腸(しょうちょう)
結腸(けっちょう)など

・その他
膀胱(ぼうこう)
前立腺(ぜんりつせん)
卵巣(らんそう)
子宮(しきゅう)など

※このページでは、最低限見ておきたい臓器を取り上げています。

「必要に応じて検査する臓器」は省略します。

施設によって、検査すべき範囲や内容が異なる(「必要に応じて検査する臓器」もルーチンに組み込まれている等。)と思いますので各自でご確認ください。

 肝臓の解剖 

🔴覚えよう!

【肝臓の区域分類】
S1(尾状葉)
S2(左葉外側上区域)
S3(左葉外側下区域)
S4(内側区域)
S5(右葉前下区域)
S6(右葉後下区域)
S7(右葉後上区域)
S8(右葉前上区域)

重要 クイノー分類

【肝臓の管状構造】


重要 エコー検査で描出される脈管

 プローブ(探触子)の当て方と映し出されるエコー画像

検査者が頭をかしげたり、迷っていたり、(上手く描出できず検査に)時間をかけ過ぎたりしていると患者さんは不安になります。

事前に、腹部解剖を理解し、次に挙げる17つのビューくらいは、ビシッと描出できるようにしておきましょう。

しっかり練習して、スムーズに検査ができるように努めましょう。


やり方

まずエコーゼリーをつけて※1プローブ(探触子)を腹部に押し当ててみていきます。

※プローブ(探触子)を当てる位置は、後述します。

※1 使用するプローブ(探触子)


コンベックス型

※他の型のプローブ(探触子)を使用することもあります。


上手く目的のビューが描出されない場合は?

テクニック①
プローブ(探触子)を当てる強さを変えてみます。(少し強く押します。)
テクニック②
プローブ(探触子)をスライドさせたり※2傾けたりしてみます。


※2 プローブ(探触子)の位置は固定し傾けてみます。

テクニック③
患者さんに※3息を吸ってもらうなどして臓器の位置を移動させてみます。
※3呼気・吸気・息止め

検査(スキャン)しながら必要に応じて撮影していきます。[これから挙げていくビューは、撮影(記録/プリントアウト)断面の一例です。]

撮影(記録/プリントアウト)前に必ずボディマーカーでプローブを当てた位置を示しましょう。

(例:右肋間走査の場合)

※撮影(記録/プリントアウト)すべきビューは各施設にてご確認ください。

いろは先生
では、実際にみていきましょう!

上腹部縦走査(心窩部縦走査/しんかぶたてそうさ)

☆プローブの位置


1.腹部の血管

・腹部大動脈(AO)
・下大静脈(IVC)

【腹部大動脈(AO)】

【下大静脈(IVC)】


2.肝左葉

・S2(左葉外側上区域)
・S3(左葉外側下区域)

上腹部横走査(心窩部横走査)

☆プローブの位置


3.S1~S4・門脈左枝

・S1(尾状葉)
・S2(左葉外側上区域)
・S3(左葉外側下区域)
・S4(内側区域)


4.肝静脈

・右肝静脈(RHV)
・中肝静脈(MHV)
・左肝静脈(LHV)


右肋弓下走査

☆プローブの位置


5.肝右葉

・S5(右葉前下区域)
・S6(右葉後下区域)
・S7(右葉後上区域)


6.肝右葉

・S8(右葉前上区域)


7.肝静脈

・右肝静脈(RHV)
・中肝静脈(MHV)



8.胆嚢(1方向目)
※胆嚢は3方向以上から観察する。

右肋間走査

☆プローブの位置


9.胆嚢(2方向目)


10.肝右葉

・S5(右葉前下区域)
・S8(右葉前上区域)


11.肝静脈

・右肝静脈(RHV)


右上腹部縦走査 〔右季肋部縦走査(左下側臥位)〕

☆プローブの位置

仰臥位と左下側臥位で見る。


12.門脈(PV)・肝外胆管(EHBD)/総胆管(CBD)

13.胆嚢(3方向目)

肝外胆管の解剖

右側腹部縦走査

☆プローブの位置


14.右腎

左側腹部斜(縦)走査

☆プローブの位置


15.左腎

左肋間走査

☆プローブの位置


16.脾臓

上腹部横走査(心窩部横走査)

☆プローブの位置


17.膵臓

【膵頭部~膵体部】



【膵体部~膵尾部】


プローブの右端を少し上方(頭側)へスライドすると体~尾部がよく見える場合がある。

※エコー画像がイマイチのものがあります。
よい写真が撮れたら差し替えます。

参考文献:『実践エコー診断』日本医師会雑誌特別号 第126巻 第8号 日本医師会


あわせて読みたい
具体的なエコー手順や疾患の見方などは、以下のページ(本サイト内)で取り上げています。

【初心者向け】腹部エコー(超音波)検査の手順と画像の見方 
腹部超音波(エコー)検査の手順と画像の見方

その他の関連ページ  
エコーでみる腹部臓器の基準値のまとめ

腹部エコー(超音波)検査における各臓器の大きさ、脈管の太さの基準値(正常値)のまとめ
腹部エコー(超音波)検査における各臓器[肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓・胆管など]の基準値の一覧です。

腹部エコー初心者におすすめのテキスト一覧

腹部エコー(超音波)検査 初心者におすすめの参考書
腹部エコー初心者におすすめのテキストを紹介しています。

初心者向け:所見用紙の書き方。

【初心者向け】腹部エコー(超音波)検査の所見用紙の書き方
腹部超音波(エコー)検査の所見用紙の書き方

『腹部エコーのみかた』メニューへ


bechi
自主学習はもちろん、積極的に講習会や勉強会などに参加して、自己研鑽に励みましょう!

参考ページ スキルアップのためのセミナーが各地で開催されています。

超音波検査セミナー
超音波検査のスキルアップのためのセミナーが各地で開催されています。 様々なプラン(部位・期間・スキルレベルなど)があるようです。 対...

アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
AdSence大




AdSence大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする