腹部エコー(超音波)検査における各臓器の基準値のまとめ 

腹部エコー(超音波)検査では、腫瘤性病変探しはもちろんですが、臓器のサイズチェック(萎縮や腫大などの評価)も非常に大切です。

ここではおもな臓器の大きさや管腔の太さの基準値(正常値)を挙げていきます。

※施設(文献)によって計測方法、計測する臓器または基準値などが異なることがありますので検査前に必ず各自でご確認ください。

くれぐれも大まかな目安としてご覧くださいませ。

スポンサーリンク
AdSence大




各臓器の基準値

肝臓の大きさ(肝左葉)

【プローブの位置】

上腹部縦走査(心窩部縦走査)

【エコー上の計測位置】



【A】長さ 7cm<【A】<11cm
(腫大11cm以上)

【B】厚み 5cm<【B】<7cm
(腫大7cm以上)

参考・引用文献〔数値のみ〕:『腹部エコーのABC (日本医師会生涯教育シリーズ) 』日本医師会; 第2版 (2004/10/1)竹原 靖明 ,‎ 秋本 伸 、木村 邦夫 ,‎ 跡見 裕

肝臓の大きさ(肝右葉)

【プローブの位置】

右側腹部縦走査

【エコー上の計測位置】



【C】長さ 9cm<【C】<16cm
(腫大16cm以上)

参考・引用文献〔数値のみ〕:『腹部エコーのABC (日本医師会生涯教育シリーズ) 』日本医師会; 第2版 (2004/10/1)竹原 靖明 ,‎ 秋本 伸 、木村 邦夫 ,‎ 跡見 裕 

肝内胆管の直径

1mm程度

胆嚢の大きさ

【プローブの位置】


(例)右季肋部縦走査(左下側臥位)

【エコー上の計測位置】



【A】長径 6~8cm
(腫大>8cm)

【B】短径 2~3cm
(腫大>4cm)

【C】壁の厚さ 3mm以下
(壁肥厚 4mm以上)

参考・引用文献〔数値のみ〕:『腹部超音波 A side−基礎と臨床のキーポイント37』森 秀明,竹内 真一 メジカルビュー社 2007-11-13 P214.P292

総胆管の直径

【プローブの位置】


(例)右季肋部縦走査(左下側臥位)

【エコー上の計測位置】



【A】7mm以下


🔵
セブンイレブン ルール Seven-eleven rule
肝外胆管の最大径を測定して次のように考える。
・7mm以下を正常、
・7~11mmはborderline、
・11mmを越える場合は明らかに異常

【肝外胆管の解剖図】

肝外胆管と周囲の臓器の解剖

膵臓の大きさと膵管の直径

【プローブの位置】

(例)上腹部横走査(心窩部横走査)

【エコー上の計測位置】



【A】頭部 25mm以下
(腫大>25mm)

【B】体部 20mm以下
(腫大>20mm)

【C】尾部 20mm以下
(腫大>20mm)

【D】主膵管 2mm以下

【E】大きさ 14~16cm

参考・引用文献〔数値のみ〕:『腹部超音波 A side−基礎と臨床のキーポイント37』森 秀明,竹内 真一 メジカルビュー社 2007-11-13 P223.P292

脾臓の大きさ

【プローブの位置】

(例)左肋間走査

【エコー上の計測位置】

spleen index(スプリーン・インデックス)=【A】×【B】



spleen index(スプリーン・インデックス)=20㎠以下
(脾腫>20㎠)

※千葉大学第一内科の計測法

腎臓の大きさ

【プローブの位置】

(右腎)

(例)右側腹部縦走査

(左腎)


(例)左側腹部斜走査

【エコー上の計測位置】



【A】長径 10~11cm
(腫大12cm以上)


【B】短径 4~5cm

参考・引用文献〔数値のみ〕:『腹部超音波 A side−基礎と臨床のキーポイント37』森 秀明,竹内 真一 メジカルビュー社 2007-11-13 P221-233.P292

尿管の直径



5mm程度

シェーマ:bechi

あわせて読みたい 【初心者向け】腹部エコーに関係する血液検査の見方。

血液検査の見方~血液検査でわかること~
血液検査でわかること/血液一般検査・生化学検査・腫瘍マーカーの見方

あわせて読みたい 【初心者向け】腹部エコー(超音波)検査の手順と見方。

【初心者向け】腹部エコー(超音波)検査の手順と画像の見方 
腹部超音波(エコー)検査の手順と画像の見方

関連ページ  腹部エコー初心者におすすめのテキスト一覧

腹部エコー(超音波)検査 初心者におすすめの参考書
腹部エコー初心者におすすめのテキストを紹介しています。

『腹部エコーのみかた』メニューへ

アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
AdSence大




AdSence大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする