海事代理士合格マニュアル 新版発売!(6訂版)

🔴最新版

 
 

価格(本体価格) 4,104円 (3,800円)です。

(変更があるかもしれません。出版社のホームページ等でご確認ください。)

海事代理士試験対策本。

受験の手引、筆記試験(過去問)、口述試験(過去問)、合格体験記がおもな内容。付録的に、新形式の問題、難読用語の読み方、参考書等を収録。

受験の手引:
手続(受験資格、受験料、出願先など)、試験科目、試験日程等について説明。

筆記試験:
出題範囲の18法令(憲法、民法、商法、国土交通省設置法ほか)の過去問と解答、ヒントとして各法令の該当条文(例:ヒント 国土交通省設置法第100条)を掲載(平成25~29年)。各節トップに出題傾向等の情報を掲載。

口述試験:
筆記試験合格者が対象。出題範囲の4法令(船舶法、船舶安全法、船員法、船舶職員及び小型船舶操縦者法)の過去問と解答、ヒントを掲載(平成25~29年)。各節トップに出題傾向等の情報を掲載。

合格体験記:
合格者4名の体験記。学習方法、参考書等を掲載。

【編者のことば】より
本書は、実務家である海事代理士が編者となって発行するもので、海事代理士試験の受験を目指す多くの方々に利用していただいております。
本書では、最近5年間に出題された問題を列挙し、出題傾向と出題条文一覧表、ヒント、模範解答、難読用語の読み方などを付し、わかりやすく作成しましたので,海事代理士を目指す受験者に大きな武器として活用されますことを願っております。
なお、読者から寄せられたご要望の中で多かった難読用語の読み方も掲載いたしました。併せてご参照ください。

2018年5月
編集者代表 天野利彦

【目次】
第Ⅰ章 海事代理士試験について
 ①受験手続き
  1.受験資格
  2.出願期間と試験日程
  3.受験手続き等
 ②筆記試験
  1.試験実施時期
  2.試験科目
  3.試験実施場所
  4.試験の方法
  5.合格発表
  6.筆記試験の免除
 ③口述試験
  1.試験の時期
  2.試験科目
  3.試験実施場所
  4.試験の方法
  5.合格発表

第Ⅱ章 筆記試験
 第1節 憲 法
 第2節 民 法
 第3節 商 法
 第4節 国土交通省設置法
 第5節 船員法
 第6節 船員職業安定法
 第7節 船舶職員及び小型船舶操縦者法
 第8節 海上運送法
 第9節 港湾運送事業法
 第10節 内航海運業法
 第11節 港則法
 第12節 海上交通安全法
 第13節 海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律
 第14節 船舶法
 第15節 船舶安全法
 第16節 船舶のトン数の測度に関する法律
 第17節 造船法
 第18節  国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律

第Ⅲ章 口述試験
 第1節 船舶法
 第2節 船舶安全法
 第3節 船員法
 第4節 船舶職員及び小型船舶操縦者法

第Ⅳ章 合格体験記
付録:海事代理士試験参考書

〈成山堂ホームページより引用〉


○海事代理士試験のテキスト一覧

海事代理士試験のテキスト
海事代理士試験のテキスト/参考書/問題集/過去問
アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大
レスポンシブ広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大