商法(海商)穴埋め問題 第四章 海損

スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大

第四章 海損

第七百八十八条  
船長カ船舶及ヒ積荷ヲシテヲ免レシムル為メ船舶又ハ積荷ニ付キ為シタル処分ニ因リテ生シタル損害及ヒ費用ハ之ヲトス
○2 前項ノ規定ハ危険カ過失ニ因リテ生シタル場合ニ於テノ過失者ニ対スルヲ妨ケス

①共同ノ危険②共同海損③利害関係人④求償


第七百八十九条  

共同海損ハ之ニ因リテ保存スルコトヲ得タル船舶又ハ積荷ノ価格ト運送賃ノト共同海損タル損害ノ額トノ割合ニ応シテ各之ヲ


①半額②利害関係人③分担


第七百九十条  

共同海損ノニ付テハ船舶ノ価格ハ到達ノ地及ヒ時ニ於ケル価格トシ積荷ノ価格ハ陸揚ノ地及ヒ時ニ於ケル価格トス但積荷ニ付テハ其価格中ヨリ滅失ノ場合ニ於テ支払フコトヲ要セサル運送賃其他ノ費用ヲ控除スルコトヲ要ス


①分担額


第七百九十一条  

前二条ノ規定ニ依リヲ分担スヘキ者ハ船舶ノ到達又ハ積荷ノ引渡ノ時ニ於テ現存スル価額ノ限度ニ於テノミ其責ニ任ス


①共同海損


第七百九十二条  

船舶ニ備附ケタル武器、船員ノ給料、船員及ヒ旅客ノ食料並ニ衣類ハ共同海損ノ分担ニ付キ其価額ヲ算入セス但此等ノ物ニ加ヘタル損害ハ他ノ之ヲ分担ス


①利害関係人


第七百九十三条  

其他積荷ノ価格ヲ評定スルニ足ルヘキ書類ナクシテ船積シタル荷物又ハ属具目録ニ記載セサル属具ニ加ヘタル損害ハニ於テ之ヲスルコトヲ要セス

○2 甲板ニ積込ミタル荷物ニ加ヘタル損害亦同シ但沿岸ノ小航海ニ在リテハ此限ニ在ラス
○3 前二項ニ掲ケタル積荷ノ利害関係人ト雖モ共同海損ヲ分担スル責ヲ免ルルコトヲ得ス

①船荷証券②利害関係人③分担


第七百九十四条  

共同海損タル損害ノ額ハ到達ノ地及ヒ時ニ於ケルノ価格又ハ陸揚ノ地及ヒ時ニ於ケルノ価格ニ依リテ之ヲ定ム但積荷ニ付テハ其滅失又ハ毀損ノ為メ支払フコトヲ要セサリシ一切ノ費用ヲ控除スルコトヲ要ス

○2 第五百七十八条ノ規定ハ共同海損ノ場合ニ之ヲ準用ス

①船舶②積荷


第七百九十五条  

船荷証券其他積荷ノ価格ヲ評定スルニ足ルヘキ書類ニ積荷ノ実価ヨリ価額ヲ記載シタルトキハ其積荷ニ加ヘタル損害ノ額ハ其記載シタル価額ニ依リテ之ヲ定ム

○2 積荷ノ実価ヨリ価額ヲ記載シタルトキハ其積荷ノ利害関係人ハ其記載シタル価額ニ応シテ共同海損ヲ分担ス
○3 前二項ノ規定ハ積荷ノ価格ニ影響ヲ及ホスヘキ事項ニ付キ虚偽ノ記載ヲ為シタル場合ニ之ヲ準用ス

①低キ②高キ


第七百九十六条  

第七百八十九条ノ規定ニ依リテカ共同海損ヲ分担シタル後船舶、其属具若クハ積荷ノ全部又ハ一部カ其所有者ニ復シタルトキハ其所有者ハ償金中ヨリ及ヒ一部滅失又ハ毀損ニ因リテ生シタル損害ノ額ヲ控除シタルモノヲ返還スルコトヲ要ス


①利害関係人②救助料


第七百九十七条  

船舶カ双方ノ船員ノニ因リテ衝突シタル場合ニ於テ双方ノ過失ノ軽重ヲ判定スルコト能ハサルトキハ其衝突ニ因リテ生シタル損害ハ各船舶ノ所有者平分シテ之ヲ負担ス


①過失


第七百九十八条  

共同海損又ハ船舶ノ衝突ニ因リテ生シタル債権ハヲ経過シタルトキハニ因リテ消滅ス

○2 前項ノ期間ハ共同海損ニ付テハ其ノ時ヨリ之ヲ起算ス

①一年②時効③計算終了


第七百九十九条  

本章ノ規定ハ船舶カニ因リ発航港又ハ航海ノ途中ニ於テ碇泊ヲ為ス為メニ要スル費用ニ之ヲ準用ス


①不可抗力

アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大
レスポンシブ広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする