bechiの腹部エコー検査録4

この記事はフィクションであり、実在する、人物・臓器・医療機器とは一切関係ありません。

検査担当は、もちろんbechi。

患者情報

○患者
WMさん(痩せている)

○性別
🚺

○年齢
82歳

○臨床経過/検査の目的
・腹部膨満感

○エコー写真
右肋間走査:肝臓と胆嚢

所見

bechi
胆嚢底部の壁が弧状に石灰化している。音響陰影の影響で胆嚢内腔は明らかではない。

シェーマ

超音波診断

bechi

陶器(磁器)様胆嚢 [porcelain gallbladder|china gallbladder]の疑い。

杉田医師
うむ。  

杉田医師
陶器様胆嚢とは

・慢性胆嚢炎が進行して胆嚢壁が石灰化した状態(胆嚢壁に広範な石灰化をきたし、外観上及び硬度が陶器様に変化した病変と定義されている)。
・陶器様胆嚢は癌のリスクが高いと考えられている。

次回は

bechiの腹部エコー検査録5
bechiの腹部エコー検査録5(69歳男性)
アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
AdSence大




AdSence大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AdSence大