小学校学習指導要領(体育)穴埋め問題(平成 29 年告示)

囲み枠内が問題、枠の下が解答です。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大

教科の目標

小学校の体育科の目標は,以下のとおりである。

体育や〖 ㋐ 〗の見方・考え方を働かせ,〖 ㋑ 〗を見付け,その解決に向けた学習過程を通して,心と体を〖 ㋒ 〗として捉え,〖 ㋓ 〗にわたって心身の健康を保持増進し〖 ㋔ 〗を実現するための資質・能力を次のとおり育成することを目指す。

〖 ㋐ 〗保健〖 ㋑ 〗課題〖 ㋒ 〗一体〖 ㋓ 〗生涯〖 ㋔ 〗豊かなスポーツライフ

(1) その特性に応じた〖 ㋐ 〗の行い方及び〖 ㋑ 〗における健康・〖 ㋒ 〗について理解するとともに,〖 ㋓ 〗な動きや技能を身に付けるようにする。

(2) 運動や〖 ㋔ 〗についての〖 ㋕ 〗を見付け,その解決に向けて思考し〖 ㋖ 〗するとともに,他者に〖 ㋗ 〗を養う。

(3) 運動に〖 ㋘ 〗とともに〖 ㋙ 〗の保持増進と〖 ㋚ 〗を目指し,〖 ㋛ 〗明るい生活を営む〖 〗を養う。 

〖 ㋐ 〗各種の運動〖 ㋑ 〗身近な生活〖 ㋒ 〗安全〖 ㋓ 〗基本的〖 ㋔ 〗健康

〖 ㋕ 〗自己の課題〖 ㋖ 〗判断〖 ㋗ 〗伝える力〖 ㋘ 〗親しむ〖 ㋙ 〗健康

〖 ㋚ 〗体力の向上〖 ㋛ 〗楽しく〖 ㋜ 〗態度

第1学年及び第2学年

(1) 各種の〖 ㋐ 〗の〖 ㋑ 〗に触れ,その行い方を知るとともに,基本的な〖 ㋒ 〗を身に付けるようにする。

(2) 各種の運動遊びの行い方を〖 ㋓ 〗するとともに,考えたことを〖 ㋔ 〗に伝える力を養う。

(3) 各種の運動遊びに進んで取り組み,〖 ㋕ 〗を守り誰とでも仲よく運動をしたり,〖 ㋖ 〗・安全に留意したりし,〖 ㋗ 〗に運動をする態度を養う。

〖 ㋐ 〗運動遊び〖 ㋑ 〗楽しさ〖 ㋒ 〗動き〖 ㋓ 〗工夫〖 ㋔ 〗他者

〖 ㋕ 〗きまり〖 ㋖ 〗健康〖 ㋗ 〗意欲的

第3学年及び第4学年

(1) 各種の運動の楽しさや〖 ㋐ 〗に触れ,その行い方及び健康で〖 ㋑ 〗な生活や体の〖 ㋒ 〗・発達について〖 ㋓ 〗するとともに,基本的な動きや〖 ㋔ 〗を身に付けるようにする。

(2) 〖 ㋕ 〗の運動や身近な生活における〖 ㋖ 〗の課題を見付け,その解決のための方法や活動を工夫するとともに,考えたことを他者に〖 ㋗ 〗を養う。

(3) 各種の運動に進んで取り組み,〖 ㋘ 〗を守り誰とでも仲よく運動をしたり,〖 ㋙ 〗の考えを認めたり,〖 ㋚ 〗や用具の安全に留意したりし,〖 ㋛ 〗して運動をする態度を養う。また,健康の〖 〗に気付き,〖 〗の健康の〖 〗に進んで取り組む態度を養う。

〖 ㋐ 〗喜び〖 ㋑ 〗安全〖 ㋒ 〗発育〖 ㋓ 〗理解〖 ㋔ 〗技能

〖 ㋕ 〗自己〖 ㋖ 〗健康〖 ㋗ 〗伝える力〖 ㋘ 〗きまり〖 ㋙ 〗友達

〖 ㋚ 〗場〖 ㋛ 〗最後まで努力〖 ㋜ 〗大切さ〖 ㋝ 〗自己〖 ㋞ 〗保持増進

第5学年及び第6学年

(1) 各種の運動の〖 ㋐ 〗や喜びを味わい,その行い方及び〖 ㋑ 〗や〖 ㋒ 〗,〖 ㋓ 〗について理解するとともに,各種の運動の特性に応じた〖 ㋔ 〗な技能及び〖 ㋕ 〗で安全な生活を営むための技能を身に付けるようにする。

(2) 自己や〖 ㋖ 〗の運動の課題や〖 ㋗ 〗に関わる課題を見付け,その解決のための方法や活動を工夫するとともに,自己や〖 ㋘ 〗の考えたことを他者に伝える力を養う。

(3) 各種の運動に〖 ㋙ 〗に取り組み,〖 ㋚ 〗を守り〖 ㋛ 〗運動をしたり,仲間の考えや〖 〗を認めたり,場や〖 〗の安全に留意したりし,〖 〗を尽くして運動をする態度を養う。また,健康・〖 〗の大切さに気付き,自己の健康の保持増進や〖 〗に進んで取り組む態度を養う。

〖 ㋐ 〗楽しさ〖 ㋑ 〗心の健康〖 ㋒ 〗けがの防止〖 ㋓ 〗病気の予防〖 ㋔ 〗基本的

〖 ㋕ 〗健康〖 ㋖ 〗グループ〖 ㋗ 〗身近な健康〖 ㋘ 〗仲間〖 ㋙ 〗積極的

〖 ㋚ 〗約束〖 ㋛ 〗助け合って〖 ㋜ 〗取組〖 ㋝ 〗用具〖 ㋞ 〗自己の最善

〖 ㋟ 〗安全〖 ㋠ 〗回復

第1学年及び第2学年の内容

A 体つくりの運動遊び

(1) 知識及び運動
(1) 次の  の楽しさに触れ,その行い方を知るとともに,体を動かす  を味わったり,  を身に付けたりすること。
ア 体ほぐしの運動遊びでは,手軽な運動遊びを行い,心と体の  に気付いたり,みんなで  すること。
イ 多様な動きをつくる運動遊びでは,体の  をとる動き,体を移動する動き,用具を操作する動き,  の動きをすること。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2) 体をほぐしたり多様な動きをつくったりする  を工夫するとともに,考えたことを  に伝えること。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動遊びに進んで取り組み,  を守り誰とでも仲よく運動をしたり,  の安全に気を付けたりすること。

①運動遊び②心地よさ③基本的な動き④変化⑤関わり合ったり⑥バランス⑦力試し⑧遊び方⑨友達⑩きまり⑪場
 

B 器械・器具を使っての運動遊び

(1) 知識及び技能
(1) 次の運動遊びの  に触れ,その行い方を知るとともに,その  を身に付けること。
ア   を使った運動遊びでは,登り下りや  ,渡り歩きや跳び下りをすること。
イ マットを使った運動遊びでは,いろいろな  への転がり,手で支えての体の  や回転をすること。
ウ 鉄棒を使った運動遊びでは,  しての揺れや上がり下り,ぶら下がりや  をすること。
エ 跳び箱を使った運動遊びでは,跳び乗りや跳び下り,手を着いての  やまたぎ下りをすること。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2) 器械・器具を用いた  を工夫するとともに,考えたことを友達に伝えること。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動遊びに進んで取り組み,  やきまりを守り誰とでも  運動をしたり,場や  の安全に気を付けたりすること。

①楽しさ②動き③固定施設④懸垂移行⑤方向⑥保持⑦支持⑧易しい回転⑨またぎ乗り⑩簡単な遊び方⑪順番⑫仲よく⑬器械・器具
 

C 走・跳の運動遊び

(1) 知識及び技能
(1) 次の運動遊びの楽しさに触れ,その行い方を知るとともに,その動きを身に付けること。
ア 走の運動遊びでは,いろいろな方向に走ったり,  を走り越えたりすること。
イ 跳の運動遊びでは,前方や上方に跳んだり,  して跳んだりすること。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2) 走ったり跳んだりする簡単な遊び方を工夫するとともに,考えたことを友達に  こと。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動遊びに進んで取り組み,順番やきまりを守り誰とでも仲よく運動をしたり,  を受け入れたり,場の  に気を付けたりすること。

①低い障害物②連続③伝える④勝敗⑤安全
 

D 水遊び

(1) 知識及び技能
(1) 次の運動遊びの楽しさに触れ,その行い方を知るとともに,その動きを身に付けること。
ア 水の中を  する運動遊びでは,水につかって歩いたり走ったりすること。
イ   ・浮く運動遊びでは,息を止めたり吐いたりしながら,水にもぐったり浮いたりすること。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2) 水の中を移動したり,もぐったり浮いたりする簡単な遊び方を工夫するとともに,  ことを友達に伝えること。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動遊びに進んで取り組み,順番や  を守り誰とでも仲よく運動をしたり,水遊びの  を守って安全に気を付けたりすること。

①移動②もぐる③考えた④きまり⑤心得
 

E ゲーム

(1) 知識及び技能
(1) 次の運動遊びの楽しさに触れ,その行い方を知るとともに,  ゲームをすること。
ア ボールゲームでは,簡単な  と攻めや守りの動きによって,易しいゲームをすること。
イ   では,一定の区域で,逃げる,追いかける,  を取り合うなどをすること。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2) 簡単な  を工夫したり,攻め方を選んだりするとともに,考えたことを友達に伝えること。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動遊びに進んで取り組み,  を守り誰とでも仲よく運動をしたり,勝敗を受け入れたり,場や  の安全に気を付けたりすること。

①易しい②ボール操作③鬼遊び④陣地⑤規則⑥規則⑦用具
 

F 表現リズム遊び

(1) 知識及び技能
(1) 次の運動遊びの楽しさに触れ,その行い方を知るとともに,  になりきったり  に乗ったりして踊ること。
ア 表現遊びでは,身近な題材の  を捉え,  で踊ること。
イ リズム遊びでは,軽快な  に乗って踊ること。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2) 身近な題材の特徴を捉えて踊ったり,軽快なリズムに乗って踊ったりする簡単な  を工夫するとともに,考えたことを友達に伝えること。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動遊びに進んで取り組み,誰とでも仲よく踊ったり,  の安全に気を付けたりすること。

①題材②リズム③特徴④全身⑤リズム⑥踊り方⑦場
 

第1学年及び第2学年の内容の取扱い

(1) 内容の「A体つくりの運動遊び」については,  間にわたって指導するものとする。

(2) 内容の「C走・跳の運動遊び」については,児童の実態に応じて  遊びを加えて指導することができる。
(3) 内容の「F表現リズム遊び」の (1) のイについては,簡単な  を含めて指導することができる。
(4) 学校や地域の実態に応じて歌や運動を伴う  及び自然の中での運動遊びを加えて指導することができる。
(5) 各領域の各内容については,運動と健康が関わっていることについての  な考えがもてるよう指導すること。

①2学年②投の運動③フォークダンス④伝承遊び⑤具体的
 

第3学年及び第4学年の内容

A 体つくり運動

(1) 知識及び運動
(1) 次の運動の楽しさや  に触れ,その行い方を知るとともに,体を動かす心地よさを味わったり,基本的な動きを身に付けたりすること。
ア 体ほぐしの運動では,  な運動を行い,心と体の  に気付いたり,みんなで関わり合ったりすること。
イ   な動きをつくる運動では,体のバランスをとる動き,体を  する動き,用具を  する動き,力試しの動きをし,それらを  こと。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2)   を見付け,その解決のための活動を工夫するとともに,考えたことを  に伝えること。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動に進んで取り組み,  を守り誰とでも仲よく運動をしたり,友達の  を認めたり,場や用具の安全に気を付けたりすること。

①喜び②手軽③変化④多様⑤移動⑥操作⑦組み合わせる⑧自己の課題⑨友達⑩きまり⑪考え
 

B 器械運動

(1) 知識及び技能
(1) 次の運動の楽しさや喜びに触れ,その行い方を知るとともに,その技を身に付けること。
ア マット運動では,  系や  系の基本的な技をすること。
イ 鉄棒運動では,  系の基本的な技をすること。
ウ 跳び箱運動では,  系や  系の基本的な技をすること。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2)   に適した課題を見付け,技ができるようになるための活動を工夫するとともに,考えたことを友達に  こと。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動に進んで取り組み,きまりを守り誰とでも仲よく運動をしたり,友達の考えを  たり,場や器械・器具の安全に気を付けたりすること。

①回転②巧技③支持④切り返し⑤回転⑥自己の能力⑦伝える⑧認め
 

C 走・跳の運動

(1) 知識及び技能
(1) 次の運動の  や喜びに触れ,その行い方を知るとともに,その動きを身に付けること。
ア   ・リレーでは,  走ったりバトンの受渡しをしたりすること。
イ   では,小型ハードルを調子よく走り越えること。
ウ 幅跳びでは,  から踏み切って跳ぶこと。
エ 高跳びでは,  から踏み切って跳ぶこと。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2) 自己の能力に適した課題を見付け,動きを身に付けるための活動や  の仕方を工夫するとともに,考えたことを  に伝えること。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動に進んで取り組み,  を守り誰とでも仲よく運動をしたり,勝敗を受け入れたり,友達の考えを認めたり,  や用具の安全に気を付けたりすること。

①楽しさ②かけっこ③調子よく④小型ハードル走⑤短い助走⑥短い助走⑦競争⑧友達⑨きまり⑩場
 

D 水泳運動

(1) 知識及び技能
(1) 次の運動の楽しさや喜びに触れ,その行い方を知るとともに,その動きを身に付けること。
ア 浮いて進む運動では,    をすること。
イ もぐる・浮く運動では,息を止めたり吐いたりしながら,いろいろなもぐり方や  をすること。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2)   に適した課題を見付け,水の中での動きを身に付けるための活動を  するとともに,考えたことを友達に伝えること。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動に進んで取り組み,  を守り誰とでも仲よく運動をしたり,友達の考えを認めたり,水泳運動の心得を守って  に気を付けたりすること。

①け伸び②初歩的な泳ぎ③浮き方④自己の能力⑤工夫⑥きまり⑦安全
 

E ゲーム

(1) 知識及び技能
(1) 次の運動の楽しさや  に触れ,その行い方を知るとともに,易しいゲームをすること。
ア ゴール型ゲームでは,基本的な  とボールを  の動きによって,易しいゲームをすること。
イ ネット型ゲームでは,基本的なボール操作とボールを操作できる  に体を移動する動きによって,易しいゲームをすること。
ウ ベースボール型ゲームでは,蹴る,打つ,捕る,投げるなどのボール操作と得点をとったり  する動きによって,易しいゲームをすること。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2)   を工夫したり,ゲームの型に応じた簡単な  を選んだりするとともに,考えたことを友達に伝えること。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動に進んで取り組み,  を守り誰とでも仲よく運動をしたり,  を受け入れたり,  の考えを認めたり,場や用具の安全に気を付けたりすること。

①喜び②ボール操作③持たないとき④位置⑤防いだり⑥規則⑦作戦⑧規則⑨勝敗⑩友達
 

F 表現運動

(1) 知識及び技能
(1) 次の運動の楽しさや喜びに触れ,その行い方を知るとともに,表したい感じを表現したりリズムに乗ったりして踊ること。
ア 表現では,身近な生活などの  からその主な  を捉え,表したい感じを  の動きで踊ること。
イ リズムダンスでは,軽快なリズムに乗って  で踊ること。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2)   に適した課題を見付け,題材や  の特徴を捉えた踊り方や  の仕方を工夫するとともに,考えたことを友達に伝えること。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動に進んで取り組み,誰とでも仲よく踊ったり,友達の  や考えを認めたり,  の安全に気を付けたりすること。

①題材②特徴③ひと流れ④全身⑤自己の能力⑥リズム⑦交流⑧動き⑨場
 

G 保健

(1) 健康な生活

(1) 健康な生活について,課題を見付け,その解決を目指した活動を通して,次の事項を身に付けることができるよう指導する。

ア 健康な生活について理解すること。
(ア)   や体の調子がよいなどの健康の状態は,  の要因や周囲の  の要因が関わっていること。
(イ) 毎日を健康に過ごすには,運動,食事,  及び睡眠の  生活を続けること,また,体の  を保つことなどが必要であること。
(ウ) 毎日を健康に過ごすには,明るさの調節,  などの生活環境を整えることなどが必要であること。
イ 健康な生活について課題を見付け,その解決に向けて考え,それを  すること。

①心②主体③環境④休養⑤調和のとれた⑥清潔⑦換気⑧表現
 

(2) 体の発育・発達

(2) 体の発育・発達について,課題を見付け,その解決を目指した活動を通して,次の事項を身に付けることができるよう指導する。

ア 体の発育・発達について理解すること。
(ア) 体は,  に伴って変化すること。また,体の発育・発達には,  があること。
(イ) 体は,思春期になると次第に大人の体に近づき,  が変わったり,  ,精通などが起こったりすること。また,  が芽生えること。
(ウ) 体をよりよく発育・発達させるには,適切な  ,食事,休養及び睡眠が必要であること。
イ 体がよりよく発育・発達するために,  を見付け,その解決に向けて考え,それを表現すること。

①年齢②個人差③体つき④初経⑤異性への関心⑥運動⑦課題
 
 

第3学年及び第4学年内容の取扱い

(1) 内容の「A体つくり運動」については,2学年間にわたって指導するものとする。

(2) 内容の「C走・跳の運動」については,児童の実態に応じて  を加えて指導することができる。
(3) 内容の「Eゲーム」の (1) のアについては,味方チームと相手チームが  得点を取り合うゲーム及び  を取り合うゲームを取り扱うものとする。
(4) 内容の「F表現運動」の (1) については,学校や地域の実態に応じて  を加えて指導することができる。
(5) 内容の「G保健」については,(1) を第3学年,(2) を第4学年で指導するものとする。
(6) 内容の「G保健」の (1) については,学校でも,健康診断や  など様々な活動が行われていることについて触れるものとする。
(7) 内容の「G保健」の (2) については,自分と他の人では発育・発達などに  があることに気付き,それらを  に受け止めることが大切であることについて触れるものとする。
(8) 各領域の各内容については,運動と健康が  に関連していることについての  な考えがもてるよう指導すること。

①投の運動②入り交じって③陣地④フォークダンス⑤学校給食⑥違い⑦肯定的⑧密接⑨具体的
 

第5学年及び第6学年の内容

A 体つくり運動

(1) 知識及び運動
(1) 次の運動の楽しさや喜びを味わい,その行い方を理解するとともに,体を動かす心地よさを味わったり,体の動きを高めたりすること。
ア   の運動では,手軽な運動を行い,心と体との  に気付いたり,  と関わり合ったりすること。
イ 体の動きを  運動では,  に応じて,体の柔らかさ,巧みな動き,  動き,動きを  する能力を高めるための運動をすること。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2) 自己の体の  や体力に応じて,運動の行い方を工夫するとともに,自己や  の考えたことを  に伝えること。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動に  に取り組み,  を守り助け合って運動をしたり,仲間の考えや  を認めたり,場や用具の安全に気を配ったりすること。

①体ほぐし②関係③仲間④高める⑤ねらい⑥力強い⑦持続⑧状態⑨仲間⑩他者⑪積極的⑫約束⑬取組
 

B 器械運動

(1) 知識及び技能
(1) 次の運動の楽しさや喜びを味わい,その行い方を理解するとともに,その技を身に付けること。
ア マット運動では,回転系や  系の基本的な技を  して行ったり,その  を行ったり,それらを繰り返したり  たりすること。
イ 鉄棒運動では,  の基本的な技を安定して行ったり,その発展技を行ったり,それらを  たり組み合わせたりすること。
ウ 跳び箱運動では,  や回転系の基本的な技を安定して行ったり,その発展技を行ったりすること。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2)   に適した課題の解決の仕方や技の組み合わせ方を工夫するとともに,  や仲間の考えたことを  に伝えること。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動に積極的に取り組み,約束を守り  運動をしたり,  の考えや取組を認めたり,場や  の安全に気を配ったりすること。

①巧技②安定③発展技④組み合わせ⑤支持系⑥繰り返し⑦切り返し系⑧自己の能力⑨自己⑩他者⑪助け合って⑫仲間⑬器械・器具
 

C 陸上運動

(1) 知識及び技能
(1) 次の運動の楽しさや喜びを味わい,その行い方を理解するとともに,その技能を身に付けること。
ア   ・リレーでは,  を全力で走ったり,  なバトンの受渡しをしたりすること。
イ ハードル走では,ハードルを  に走り越えること。
ウ   では,リズミカルな助走から踏み切って跳ぶこと。
エ 走り高跳びでは,リズミカルな  から踏み切って跳ぶこと。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2) 自己の能力に適した課題の解決の仕方,    への挑戦の仕方を工夫するとともに,自己や仲間の考えたことを他者に  こと。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動に  に取り組み,  を守り助け合って運動をしたり,勝敗を受け入れたり,  の考えや取組を認めたり,  や用具の安全に気を配ったりすること。

①短距離走②一定の距離③滑らか④リズミカル⑤走り幅跳び⑥助走⑦競争⑧記録⑨伝える⑩積極的⑪約束⑫仲間⑬場
 

D 水泳運動

(1) 知識及び技能
(1) 次の運動の楽しさや喜びを味わい,その行い方を理解するとともに,その技能を身に付けること。
ア クロールでは,手や足の動きに呼吸を合わせて  泳ぐこと。
イ 平泳ぎでは,手や足の動きに  を合わせて続けて長く泳ぐこと。
ウ   につながる運動では,  や浮き沈みをしながら  浮くこと。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2)   に適した課題の解決の仕方や記録への  の仕方を工夫するとともに,自己や  の考えたことを他者に伝えること。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動に積極的に取り組み,約束を守り  運動をしたり,仲間の考えや取組を  たり,水泳運動の  を守って安全に気を配ったりすること。

①続けて長く②呼吸③安全確保④背浮き⑤続けて長く⑥自己の能力⑦挑戦⑧仲間⑨助け合って⑩認め⑪心得
 

E ボール運動

(1) 知識及び技能
(1) 次の運動の楽しさや喜びを味わい,その行い方を理解するとともに,その技能を身に付け,  されたゲームをすること。
ア ゴール型では,  とボールを  の動きによって,簡易化されたゲームをすること。
イ ネット型では,個人や  による攻撃と守備によって,簡易化されたゲームをすること。
ウ ベースボール型では,ボールを打つ攻撃と  をとった守備によって,簡易化されたゲームをすること。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2)   を工夫したり,自己や  の特徴に応じた  を選んだりするとともに,自己や仲間の  ことを他者に伝えること。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動に積極的に取り組み,  を守り助け合って運動をしたり,  を受け入れたり,仲間の考えや  を認めたり,場や  の安全に気を配ったりすること。

①簡易化②ボール操作③持たないとき④チーム⑤隊形⑥ルール⑦チーム⑧作戦⑨考えた⑩ルール⑪勝敗⑫取組⑬用具
 

F 表現運動

(1) 知識及び技能
(1) 次の運動の楽しさや喜びを味わい,その行い方を理解するとともに,表したい感じを表現したり踊りで  したりすること。
ア 表現では,いろいろな  からそれらの主な  を捉え,表したい感じをひと流れの動きで  に踊ったり,簡単な  の動きにして踊ったりすること。
イ フォークダンスでは,日本の  や外国の踊りから,それらの踊り方の特徴を捉え,音楽に合わせて簡単な  や動きで踊ること。

(2) 思考力,判断力,表現力等
(2) 自己や  の課題の解決に向けて,表したい内容や踊りの特徴を捉えた練習や  ・交流の仕方を  するとともに,自己や仲間の考えたことを他者に伝えること。

(3) 学びに向かう力,人間性等
(3) 運動に  に取り組み,  を認め合い  踊ったり,場の安全に気を配ったりすること。

①交流②題材③特徴④即興的⑤ひとまとまり⑥民踊⑦ステップ⑧グループ⑨発表⑩工夫⑪積極的⑫互いのよさ⑬助け合って
 

G 保健

(1) 心の健康

(1) 心の健康について,課題を見付け,その解決を目指した活動を通して,次の事項を身に付けることができるよう指導する。

ア 心の発達及び不安や  への対処について理解するとともに,簡単な  をすること。
(ア) 心は,いろいろな  を通して,  に伴って発達すること。
(イ) 心と体には,  な関係があること。
(ウ) 不安や悩みへの対処には,大人や友達に  する,  と遊ぶ,運動をするなどいろいろな方法があること。
イ 心の健康について,  を見付け,その解決に向けて思考し  するとともに,それらを  すること。

①悩み②対処③生活経験④年齢⑤密接⑥相談⑦仲間⑧課題⑨判断⑩表現
 
 
(2) けがの防止

(2) けがの防止について,課題を見付け,その解決を目指した活動を通して,次の事項を身に付けることができるよう指導する。
ア けがの  について理解するとともに,けがなどの簡単な  をすること。
(ア)   や身の回りの  が原因となって起こるけがの防止には,  に気付くこと,  の下に安全に行動すること,  を安全に整えることが必要であること。
(イ) けがなどの簡単な手当は,  に行う必要があること。
イ けがを防止するために,危険の    の方法を考え,それらを表現すること。

①防止②手当③交通事故④生活の危険⑤周囲の危険⑥的確な判断⑦環境⑧速やか⑨予測⑩回避
 
 

(3) 病気の予防

(3) 病気の予防について,課題を見付け,その解決を目指した活動を通して,次の事項を身に付けることができるよう指導する。
ア 病気の  について理解すること。
(ア) 病気は,  ,体の抵抗力,  ,環境が関わりあって起こること。
(イ) 病原体が主な要因となって起こる病気の予防には,病原体が体に入るのを防ぐことや病原体に対する体の  を高めることが必要であること。
(ウ)   など生活行動が主な要因となって起こる病気の予防には,適切な  ,栄養の偏りのない食事をとること,  を保つことなど,望ましい  を身に付ける必要があること。
(エ) 喫煙,飲酒,  などの行為は,健康を損なう原因となること。
(オ)   では,保健に関わる様々な活動が行われていること。
イ 病気を予防するために,課題を見付け,その  に向けて思考し判断するとともに,それらを  すること。

①予防②病原体③生活行動④抵抗力⑤生活習慣病⑥運動⑦口腔の衛生⑧生活習慣⑨薬物乱用⑩地域⑪解決⑫表現
 
 

第5学年及び第6学年の内容の取扱い

(1) 内容の「A体つくり運動」については,2学年間にわたって指導するものとする。また,(1) のイについては,  及び  を高めることに重点を置いて指導するものとする。その際,  に合わせて運動をするなどの工夫を図ること。
(2) 内容の「  」の (1) のアと「G保健」の (1) のアの (ウ)については,相互の関連を図って指導するものとする。
(3) 内容の「C陸上運動」については,児童の実態に応じて,  を加えて指導することができる。
(4) 内容の「D水泳運動」の (1) のア及びイについては,  を指導するものとする。また,学校の実態に応じて  を加えて指導することができる。
(5) 内容の「Eボール運動」の (1) については,アは  及びサッカーを,イは  を,ウは  を主として取り扱うものとするが,これらに替えてハンドボール,  ,フラッグフットボールなどア,イ及びウの型に応じたその他
のボール運動を指導することもできるものとする。なお,学校の実態に応じて  は取り扱わないことができる。
(6) 内容の「F表現運動」の (1) については,学校や地域の実態に応じて  を加えて指導することができる。
(7) 内容の「G保健」については,(1) 及び (2) を第5学年,(3) を第6学年で指導するものとする。また,けがや病気からの  についても触れるものとする。
(8) 内容の「G保健」の (3) のアの (エ) の薬物については,  の心身への影響を中心に取り扱うものとする。また,  等についても触れるものとする。
(9) 各領域の各内容については,運動領域と保健領域との  を図る指導に留意すること。

①体の柔らかさ②巧みな動き③音楽④A体つくり運動⑤投の運動⑥水中からのスタート⑦背泳ぎ⑧バスケットボール⑨ソフトバレーボール⑩ソフトボール⑪タグラグビー⑫ウ⑬リズムダンス⑭回復⑮有機溶剤⑯覚醒剤⑰関連
 
 

指導計画の作成と内容の取扱い

1 指導計画の作成

(1) 単元など内容や時間のまとまりを見通して,その中で育む資質・能力の育成に向けて,児童の主体的・対話的で深い学びの実現を図るようにすること。その際,体育や  の見方・考え方を働かせ,運動や健康についての  を見付け,その解決のための活動を選んだり工夫したりする活動の充実を図ること。また,運動の楽しさや  を味わったり,健康の  を実感したりすることができるよう留意すること。

①保健②自己の課題③喜び④大切さ
 
 

(2) 一部の領域の指導に  ことのないよう授業時数を配当すること。

①偏る
 
 

(3) 第2の第3学年及び第4学年の内容の「G保健」に配当する授業時数は,2学年間で  単位時間程度,また,第2の第5学年及び第6学年の内容の「G保健」に配当する授業時数は,2学年間で  単位時間程度とすること。

①8②16
 
 

(4) 第2の第3学年及び第4学年の内容の「G保健」並びに第5学年及び第6学年の内容の「G保健」(以下「保健」という。)については,効果的な学習が行われるよう  な時期に,  時間を配当すること。

①適切②ある程度まとまった
 
 

(5)   においては,第1章総則の第2の4の (1) を踏まえ,他教科等との関連を積極的に図り,指導の効果を高めるようにするとともに,幼稚園教育要領等に示す幼児期の終わりまでに育ってほしい姿との関連を考慮すること。特に,小学校入学当初においては,  を中心とした  ・関連的な指導や,弾力的な  の設定を行うなどの工夫をすること。

①低学年②生活科③合科的④時間割
 
 

(6) 障害のある児童などについては,学習活動を行う場合に生じる困難さに応じた指導内容や指導方法の  を計画的,  に行うこと。

①工夫②組織的
 
 

(7) 第1章総則の第1の2の (2) に示す道徳教育の目標に基づき,道徳科などとの関連を考慮しながら,第3章  の第2に示す内容について,体育科の  に応じて  な指導をすること。

①特別の教科道徳②特質③適切

2 内容の取扱い

(1) 学校や地域の  を考慮するとともに,個々の児童の  や技能の程度などに応じた指導や児童自らが運動の  の解決を目指す活動を行えるよう工夫すること。特に,運動を  と感じている児童や,運動に  に取り組まない児童への指導を工夫するとともに,障害のある児童などへの指導の際には,周りの児童が様々な特性を  するよう指導すること。

①実態②運動経験③課題④苦手⑤意欲的⑥尊重
 
 

(2)   を立てて練習や  について話し合うことや,身近な健康の保持増進について話し合うことなど,コミュニケーション能力や  な思考力の育成を促すための  を積極的に行うことに留意すること。

①筋道②作戦③論理的④言語活動
 
 

(3) 第2の内容の指導に当たっては,コンピュータや情報通信ネットワークなどの  を積極的に活用し,各領域の  に応じた学習活動を行うことができるように工夫すること。その際,情報機器の基本的な  についても,内容に応じて取り扱うこと。

①情報手段②特質③操作
 
 

(4) 運動領域における  との多様な関わり方や保健領域の指導については,  を伴う学習を取り入れるよう工夫すること。

①スポーツ②具体的な体験
 
 

(5) 第2の内容の「A体つくりの運動遊び」及び「A体つくり運動」の(1) のアについては,各学年の各領域においてもその  を生かした指導ができること。

①趣旨
 
 

(6) 第2の内容の「D水遊び」及び「D水泳運動」の指導については,適切な  の確保が困難な場合にはこれらを取り扱わないことができるが,これらの  については,必ず取り上げること。

①水泳場②心得
 
 

(7) オリンピック・パラリンピックに関する指導として,  なプレイを大切にするなど,児童の  に応じて,各種の運動を通してスポーツの意義や  等に触れることができるようにすること。

①フェア②発達の段階③価値
 
 

(8) 集合,整頓,列の  などの行動の仕方を身に付け,    な集団としての行動ができるようにするための指導については,第2の内容の「A体つくりの運動遊び」及び「A体つくり運動」をはじめとして,各学年の各領域(保健を除く。)において適切に行うこと。

①増減②能率的③安全
 
 

(9)   との関わりの深い雪遊び,氷上遊び,スキー,  ,水辺活動などの指導については,学校や地域の  に応じて積極的に行うことに留意すること。

①自然②スケート③実態
 
 

(10) 保健の内容のうち運動,食事,  及び睡眠については,  の観点も踏まえつつ,健康的な  の形成に結び付くよう配慮するとともに,保健を除く第3学年以上の各領域及び  に関する指導においても関連した指導を行うようにすること。

①休養②食育③生活習慣④学校給食
 
 

(11) 保健の指導に当たっては,  に関心をもてるようにし,  に関する課題を解決する学習活動を取り入れるなどの指導方法の工夫を行うこと。

①健康

3 体育・健康に関する指導

(3) 学校における体育・  に関する指導を,児童の  を考慮して,学校の  を通じて適切に行うことにより,健康で安全な生活と豊かな  の実現を目指した教育の充実に努めること。特に,学校における  の推進並びに  の向上に関する指導,  に関する指導及び  の保持増進に関する指導については,体育科,家庭科及び特別活動の時間はもとより,各教科,道徳科,外国語活動及び総合的な学習の時間などにおいてもそれぞれの特質に応じて適切に行うよう努めること。また,それらの指導を通して,家庭や地域社会との連携を図りながら,  において適切な体育・健康に関する活動の実践を促し,  を通じて健康・安全で  ある生活を送るための  が培われるよう配慮すること。

①健康②発達の段階③教育活動全体④スポーツライフ⑤食育⑥体力⑦安全⑧心身の健康⑨日常生活⑩生涯⑪活力⑫基礎
 
関連記事
【小学校全科:体育編】領域構成と内容[例示含む]の一覧表(平成 29 年告示)
【小学校全科:体育編】領域構成と内容[例示含む]の一覧表(平成 29 年告示)です。
 

小学校教員採用試験編メニュー

アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大
レスポンシブ広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする