小学校学習指導要領(特別活動)穴埋め問題(平成 29 年告示)

囲み枠内が問題、枠の下が解答です。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大

教科の目標

小学校の特別活動の目標は,以下のとおりである。

 〖 ㋐ 〗や社会の〖 ㋑ 〗としての見方・考え方を働かせ,様々な〖 ㋒ に〖 ㋓ 〗,〖 ㋔ 〗に取り組み,互いの〖 ㋕ 〗や可能性を発揮しながら〖 ㋖ や自己の生活上の〖 ㋗ 〗を解決することを通して,次のとおり資質・能力を育成することを目指す。

〖 ㋐ 〗集団〖 ㋑ 〗形成者〖 ㋒ 〗集団活動〖 ㋓ 〗自主的〖 ㋔ 〗実践的

〖 ㋕ 〗よさ〖 ㋖ 〗集団〖 ㋗ 〗課題

(1) 〖 ㋐ 〗な他者と〖 ㋑ 〗する様々な〖 ㋒ 〗の意義や活動を行う上で必要となることについて理解し,行動の〖 ㋓ 〗を身に付けるようにする。

(2) 集団や自己の生活,〖 ㋔ 〗の課題を見いだし,解決するために話し合い,〖 ㋕ 〗を図ったり,〖 ㋖ 〗したりすることができるようにする。

(3) 自主的,〖 ㋗ 〗な集団活動を通して身に付けたことを生かして ,集団や〖 ㋘ 〗における生活及び〖 ㋙ 〗をよりよく形成するとともに,〖 ㋚ 〗についての考えを深め,〖 ㋛ 〗を図ろうとする態度を養う。

〖 ㋐ 〗多様〖 ㋑ 〗協働〖 ㋒ 〗集団活動〖 ㋓ 〗仕方〖 ㋔ 〗人間関係

〖 ㋕ 〗合意形成〖 ㋖ 〗意思決定〖 ㋗ 〗実践的〖 ㋘ 〗社会〖 ㋙ 〗人間関係

〖 ㋚ 〗自己の生き方〖 ㋛ 〗自己実現

学級活動

 学級や学校での〖 ㋐ 〗をよりよくするための課題を見いだし,〖 ㋑ 〗するために話し合い,〖 ㋒ 〗し,〖 ㋓ 〗を分担して協力して実践したり,学級での話合いを生かして自己の課題の解決及び〖 ㋔ 〗を描くために〖 ㋕ 〗して実践したりすることに,〖 ㋖ 〗,実践的に取り組むことを通して,第1の目標に掲げる資質・能力を育成することを目指す。

〖 ㋐ 〗生活〖 ㋑ 〗解決〖 ㋒ 〗合意形成〖 ㋓ 〗役割〖 ㋔ 〗将来の生き方

〖 ㋕ 〗意思決定〖 ㋖ 〗自主的

児童会活動

 〖 ㋐ 〗の児童同士で協力し,〖 ㋑ 〗の充実と〖 ㋒ 〗を図るための諸問題の解決に向けて,〖 ㋓ 〗を立て役割を分担し,協力して〖 ㋔ 〗することに自主的,〖 ㋕ 〗に取り組むことを通して,第1の目標に掲げる資質・能力を育成することを目指す。

〖 ㋐ 〗異年齢〖 ㋑ 〗学校生活〖 ㋒ 〗向上〖 ㋓ 〗計画〖 ㋔ 〗運営

〖 ㋕ 〗実践的

クラブ活動

 〖 ㋐ 〗の児童同士で協力し,〖 ㋑ 〗の興味・関心を追求する〖  〗の計画を立てて運営することに〖 ㋓ 〗,実践的に取り組むことを通して,〖 ㋔ を図りながら,第1の目標に掲げる資質・能力を育成することを目指す。

〖 ㋐ 〗異年齢〖 ㋑ 〗共通〖 ㋒ 〗集団活動〖 ㋓ 〗自主的〖 ㋔ 〗個性の伸長

学校行事

 〖 〗又は学年の児童で協力し,よりよい〖 ㋑ 〗を築くための〖 ㋒ な活動を通して,集団への〖 〗感や〖 ㋔ 〗感を深め,〖 ㋕ 〗を養いながら,第1の目標に掲げる資質・能力を育成することを目指す。

〖 ㋐ 〗全校〖 ㋑ 〗学校生活〖 ㋒ 〗体験的〖 ㋓ 〗所属〖 ㋔ 〗連帯

〖 ㋕ 〗公共の精神

内容

学級活動

 1の資質・能力を育成するため,  の学年において,次の各活動を通して,それぞれの活動の  及び活動を行う上で必要となることについて理解し,  に考えて実践できるよう指導する。

(1) 学級や学校における生活づくりへの参画

ア 学級や学校における生活上の諸問題の解決
   学級や学校における生活をよりよくするための課題を見いだし,解決するために話し合い,  を図り,実践すること。
イ 学級内の組織づくりや役割の自覚
   学級生活の  や向上のため,児童が主体的に組織をつくり,  を自覚しながら仕事を  して,協力し合い実践すること。
ウ 学校における多様な集団の生活の向上
   児童会など学級の枠を超えた多様な集団における活動や学校行事を通して学校生活の向上を図るため,  としての  や取組を話し合って決めること。

①全て②意義③主体的④合意形成⑤充実⑥役割⑦分担⑧学級⑨提案
 
 

(2) 日常の生活や学習への適応と自己の成長及び健康安全
ア 基本的な  の形成
  身の回りの整理や挨拶などの基本的な  を身に付け,節度ある生活にすること。
イ よりよい人間関係の形成
  学級や学校の生活において互いのよさを見付け,  を尊重し合い,仲よくしたり  し合ったりして生活すること。
ウ 心身ともに健康で安全な生活態度の形成
  現在及び  にわたって心身の健康を保持増進することや,事件や事故,  等から身を守り安全に行動すること。
エ   の観点を踏まえた学校給食と望ましい  の形成
  給食の時間を中心としながら,健康によい食事のとり方など,望ましい  の形成を図るとともに,食事を通して  をよりよくすること。

①生活習慣②違い③信頼④生涯⑤災害⑥食育⑦食習慣⑧人間関係
 
 

(3) 一人一人のキャリア形成と自己実現
ア 現在や将来に希望や目標をもって生きる意欲や態度の形成
  学級や学校での  づくりに主体的に関わり,自己を生かそうとするとともに,  や目標をもち,その  に向けて日常の生活をよりよくしようとすること。
イ 社会参画意識の醸成や働くことの意義の理解
    などの当番活動や係活動等の自己の役割を自覚して  することの意義を理解し,社会の一員として  を果たすために必要となることについて主体的に考えて行動すること。
ウ 主体的な学習態度の形成と  等の活用
  学ぶことの  や現在及び将来の学習と  とのつながりを考えたり,  的に学習する場としての  等を活用したりしながら,学習の見通しを立て,振り返ること。

①生活②希望③実現④清掃⑤協働⑥役割⑦学校図書館⑧意義⑨自己実現⑩自主
 

児童会活動

 1の資質・能力を育成するため,学校の  をもって組織する児童会において,次の各活動を通して,それぞれの活動の意義及び活動を行う上で必要となることについて理解し,主体的に考えて  できるよう指導する。

(1) 児童会の組織づくりと児童会活動の計画や運営

  児童が主体的に組織をつくり,役割を  し,  を立て,学校生活の課題を見いだし解決するために話し合い,  を図り実践すること。
(2)   集団による交流
  児童会が計画や  を行う集会等の活動において,学年や学級が異なる児童と共に楽しく触れ合い,  を図ること。
(3)   への協力
    の特質に応じて,児童会の組織を活用して,計画の一部を担当したり,運営に協力したりすること。

①全児童②実践③分担④計画⑤合意形成⑥異年齢⑦運営⑧交流⑨学校行事

クラブ活動

 1の資質・能力を育成するため,主として第  学年以上の  の児童をもって組織するクラブにおいて,次の各活動を通して,それぞれの活動の意義及び活動を行う上で必要となることについて理解し,主体的に考えて実践できるよう指導する。

(1) クラブの組織づくりとクラブ活動の計画や運営

児童が  を立て,役割を分担し,  して運営に当たること。
(2) クラブを楽しむ活動
異なる学年の児童と協力し,  を生かしながら  の興味・関心を追求すること。
(3) クラブの成果の発表
活動の  について,クラブの成員の発意・  を生かし,協力して全校の児童や地域の人々に  すること。

①4②同好③活動計画④協力⑤創意工夫⑥共通⑦成果⑧発想⑨発表

学校行事

 1の資質・能力を育成するため,全ての学年において,全校又は学年を単位として,次の各行事において,学校生活に  と変化を与え,学校生活の充実と発展に資する  的な活動を行うことを通して,それぞれの学校行事の意義及び活動を行う上で必要となることについて理解し,主体的に考えて実践できるよう指導する。

(1)   的行事
  学校生活に  な変化や  を付け,厳粛で清新な気分を味わい,新しい生活の展開への  となるようにすること。
(2)   的行事
  平素の学習活動の  を発表し,自己の向上の意欲を一層高めたり,文化や芸術に親しんだりするようにすること。
(3)   ・体育的行事
  心身の健全な発達や健康の保持増進,事件や事故,災害等から身を守る安全な行動や規律ある  の体得,運動に親しむ態度の育成,責任感や  感の涵養,体力の向上などに資するようにすること。
(4)   ・集団宿泊的行事
  自然の中での  活動などの平素と異なる生活環境にあって,見聞を広め,自然や文化などに親しむとともに,よりよい人間関係を築くなどの集団生活の在り方や  などについての体験を積むことができるようにすること。
(5)   ・奉仕的行事
  勤労の尊さや生産の喜びを体得するとともに,  活動などの  の精神を養う体験が得られるようにすること。

①秩序②体験③儀式④有意義⑤折り目⑥動機付け⑦文化⑧成果⑨健康安全⑩集団行動⑪連帯⑫遠足⑬集団宿泊⑭公衆道徳⑮勤労生産⑯ボランティア⑰社会奉仕
 

指導計画の作成と内容の取扱い

指導計画の作成に当たっての配慮事項

1 特別活動における主体的・対話的で深い学び

(1) 特別活動の各活動及び学校行事を見通して,その中で育む資質・能力の育成に向けて,児童の主体的・対話的で深い学びの実現を図るようにすること。その際,よりよい人間関係の形成,よりよい  の構築や社会への参画及び  に資するよう,児童が集団や社会の形成者としての見方・考え方を働かせ,様々な集団活動に自主的,  に取り組む中で,互いのよさや個性,多様な考えを認め合い,等しく  に関わり役割を担うようにすることを重視すること。

①集団生活②自己実現③実践的④合意形成

2 特別活動の全体計画と各活動・学校行事の年間指導計画の作成

(2) 各学校においては特別活動の  や各活動及び学校行事の  を作成すること。その際,学校の  を生かし,学級や学校,地域の実態,児童の発達の段階などを考慮するとともに,第2に示す内容相互及び各教科,道徳科,外国語活動,総合的な学習の時間などの指導との関連を図り,児童による  ,実践的な活動が助長されるようにすること。また,家庭や地域の人々との連携,社会教育施設等の活用などを工夫すること。

①全体計画②年間指導計画③創意工夫④自主的

3 学級経営の充実と生徒指導との関連

(3) 学級活動における児童の自発的,  な活動を中心として,各活動と学校行事を相互に関連付けながら,個々の児童についての理解を深め,教師と児童,児童相互の  を育み,  の充実を図ること。その際,特に,  の未然防止等を含めた生徒指導との関連を図るようにすること。

①自治的②信頼関係③学級経営④いじめ

4 幼児期の教育との接続及び関連

(4)   においては,第1章総則の第2の4の (1) を踏まえ,他教科等との関連を積極的に図り,指導の効果を高めるようにするとともに,幼稚園教育要領等に示す幼児期の終わりまでに育ってほしい姿との関連を考慮すること。特に,小学校入学当初においては,  を中心とした関連的な指導や,  な時間割の設定を行うなどの工夫をすること。

①低学年②生活科③弾力的
 

5 障害のある児童など学習活動の困難さに応じた指導内容や指導方法の工夫

(5) 障害のある児童などについては,学習活動を行う場合に生じる  に応じた指導内容や指導方法の  を計画的,  に行うこと。

①困難さ②工夫③組織的

6 道徳科などとの関連

(6) 第1章総則の第1の2の (2) に示す  の目標に基づき,道徳科などとの関連を考慮しながら,第3章特別の教科道徳の第2に示す内容について,特別活動の  に応じて適切な指導をすること。

①道徳教育②特質

内容の取扱いについての配慮事項

1 児童の自発的,自治的な活動の効果的な展開

(1) 学級活動,児童会活動及びクラブ活動の指導については,指導内容の  に応じて,教師の適切な指導の下に,児童の  ,自治的な活動が効果的に展開されるようにすること。その際,よりよい生活を築くために自分たちで  をつくって守る活動などを充実するよう工夫すること。

①特質②自発的③きまり

2 指導内容の重点化と内容間の関連や統合

(2) 児童及び学校の実態並びに第1章総則の第6の2に示す道徳教育の  などを踏まえ,各学年において取り上げる指導内容の  を図るとともに,必要に応じて,内容間の関連や  を図ったり,他の内容を加えたりすることができること。

①重点②重点化③統合

3 ガイダンスとカウンセリングの趣旨を踏まえた指導を図る

(3) 学校生活への適応や  の形成などについては,主に集団の場面で必要な指導や援助を行う  と,個々の児童の多様な実態を踏まえ,一人一人が抱える課題に個別に対応した指導を行う  (教育相談を含む。)の双方の趣旨を踏まえて指導を行うこと。特に入学当初や各学年のはじめにおいては,個々の児童が学校生活に適応するとともに,  や目標をもって生活できるよう工夫すること。あわせて,児童の家庭との  を密にすること。

①人間関係②ガイダンス③カウンセリング④希望⑤連絡
 

4 異年齢集団や幼児,高齢者,障害のある人々や幼児児童生徒との交流等
を通して,協働することや社会に貢献することの喜びを得る活動の重視

(4)   集団による交流を重視するとともに,  ,高齢者,障害のある人々などとの交流や対話,障害のある幼児児童生徒との交流及び  学習の機会を通して,  することや,他者の役に立ったり社会に貢献したりすることの  を得られる活動を充実すること。

①異年齢②幼児③共同④協働⑤喜び

小学校教員採用試験編メニュー

アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大
レスポンシブ広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする