小学校学習指導要領(外国語活動)穴埋め問題(平成 29 年告示)

囲み枠内が問題、枠の下が解答です。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大

教科の目標

小学校の外国語活動の目標は,以下のとおりである。

外国語による〖 ㋐ 〗における見方・考え方を働かせ,外国語による聞くこと,話すことの〖 ㋑ 〗を通して,〖 ㋒ 〗を図る〖 ㋓ 〗となる資質・能力を次のとおり育成することを目指す。

〖 ㋐ 〗コミュニケーション〖 ㋑ 〗言語活動〖 ㋒ 〗コミュニケーション〖 ㋓ 〗素地

(1)外国語を通して,言語や〖 ㋐ 〗について〖 ㋑ 〗に理解を深め,日本語と外国語との〖 ㋒ 〗等に気付くとともに,外国語の音声や〖 ㋓ 〗に慣れ親しむようにする。

(2)身近で〖 ㋔ 〗について,外国語で聞いたり話したりして自分の〖 ㋕ 〗や気持ちなどを〖 ㋖ 〗の素地を養う。

(3)外国語を通して,〖 ㋗ 〗やその背景にある文化に対する理解を深め,相手に〖 ㋘ 〗しながら,〖 ㋙ 〗に外国語を用いて〖 ㋚ 〗を図ろうとする態度を養う。

〖 ㋐ 〗文化〖 ㋑ 〗体験的〖 ㋒ 〗音声の違い〖 ㋓ 〗基本的な表現〖 ㋔ 〗簡単な事柄

〖 ㋕ 〗考え〖 ㋖ 〗伝え合う力〖 ㋗ 〗言語〖 ㋘ 〗配慮〖 ㋙ 〗主体的

〖 ㋚ 〗コミュニケーション

英語の目標

 英語学習の特質を踏まえ,以下に示す,聞くこと,話すこと[やり取り],話すこと[発表]の三つの領域別に設定する目標の実現を目指した指導を通して,第1の(1)及び(2)に示す資質・能力を一体的に育成するとともに,その過程を通して,第1の(3)に示す資質・能力を育成する。

(1)聞くこと

ア ゆっくりはっきりと話された際に,〖 ㋐ 〗のことや身の回りの物を表す〖 ㋑ 〗を聞き取るようにする。

イ ゆっくりはっきりと話された際に,身近で簡単な〖 ㋒ 〗に関する〖 ㋓ 〗の意味が分かるようにする。

ウ 〖 ㋔ 〗の読み方が発音されるのを聞いた際に,どの〖 ㋔ 〗であるかが分かるようにする。

〖 ㋐ 〗自分〖 ㋑ 〗簡単な語句〖 ㋒ 〗事柄〖 ㋓ 〗基本的な表現〖 ㋔ 〗文字

(2)話すこと[やり取り]

ア 基本的な表現を用いて〖 ㋐ 〗,感謝,簡単な〖 ㋑ 〗をしたり,それらに応じたりするようにする。 

イ 自分のことや身の回りの物について,〖 ㋒ 〗を交えながら,自分の考えや〖 ㋓ 〗などを,簡単な語句や基本的な表現を用いて〖 ㋔ 〗ようにする。 

ウ 〖 ㋕ 〗を受けて,自分や相手のこと及び身の回りの物に関する事柄について,簡単な語句や基本的な表現を用いて〖 ㋖ 〗をしたり〖 ㋖ 〗に答えたりするようにする。 

〖 ㋐ 〗挨拶〖 ㋑ 〗指示〖 ㋒ 〗動作〖 ㋓ 〗気持ち〖 ㋔ 〗伝え合う

〖 ㋕ 〗サポート〖 ㋖ 〗質問

(3)話すこと[発表]

ア 〖 〗の物について,人前で〖 ㋑ 〗などを見せながら,〖 ㋒ 〗や基本的な表現を用いて話すようにする。

イ 〖 ㋓ 〗のことについて,〖 ㋔ 〗で実物などを見せながら,簡単な語句や〖 ㋕ 〗を用いて話すようにする。 

ウ 〖 ㋖ 〗に関する身近で簡単な事柄について,人前で実物などを見せながら,自分の〖 ㋗ 〗や気持ちなどを,簡単な語句や基本的な表現を用いて話すようにする。

〖 ㋐ 〗身の回り〖 ㋑ 〗実物〖 ㋒ 〗簡単な語句〖 ㋓ 〗自分〖 ㋔ 〗人前

〖 ㋕ 〗基本的な表現〖 ㋖ 〗日常生活〖 ㋗ 〗考え

内 容

〔第3学年及び第4学年〕

〔知識及び技能〕

(1)英語の特徴等に関する事項
 実際に英語を用いた言語活動を通して,次の事項を体験的に身に付けることができるよう指導する。

ア 言語を用いて    を図ることの楽しさや大切さを知ること。

イ 日本と外国の言語や文化について理解すること。
(ア)英語の音声や  などに慣れ親しむとともに,日本語との  を知り,言葉の面白さや豊かさに気付くこと。

(イ)日本と外国との生活や  ,行事などの違いを知り,  な考え方があることに気付くこと。

(ウ)異なる文化をもつ人々との  などを体験し,文化等に対する理解を深めること。

①主体的②コミュニケーション③リズム④違い⑤習慣⑥多様⑦交流
 
 

〔思考力,判断力,表現力等〕

(2)情報を整理しながら考えなどを形成し,英語で表現したり,伝え合ったりすることに関する事項
 具体的な課題等を設定し,コミュニケーションを行う目的や場面,状況などに応じて,情報や考えなどを表現することを通して,次の事項を身に付けることができるよう指導する。

ア   のことや身近で簡単な事柄について,簡単な  や基本的な  を使って,相手に配慮しながら,  こと。

イ 身近で簡単な事柄について,自分の考えや気持ちなどが伝わるよう,工夫して  をしたり  に答えたりすること。

①自分②語句③表現④伝え合う⑤質問
 
 

(3)言語活動及び言語の働きに関する事項
① 言語活動に関する事項
 (2)に示す事項については,(1)に示す事項を活用して,例えば,次のような言語活動を通して指導する。

ア 聞くこと

(ア)身近で簡単な事柄に関する  話を聞いておおよその内容が分かったりする活動。

(イ)身近な人や身の回りの物に関する簡単な語句や基本的な表現を聞いて,それらを表すイラストや写真などと  活動。

(ウ)文字の読み方が発音されるのを聞いて,活字体で書かれた  と結び付ける活動。

①短い②結び付ける③文字
 

イ 話すこと[やり取り]

(ア)知り合いと簡単な  を交わしたり,感謝や簡単な  ,依頼をして,それらに応じたりする活動。

(イ)自分のことや身の回りの物について,  を交えながら,好みや要求などの自分の考えや気持ちなどを  活動。

(ウ)自分や相手の好み及び欲しい物などについて,簡単な  をしたり  に答えたりする活動。

①挨拶②指示③動作④伝え合う⑤質問

ウ 話すこと[発表]

(ア)身の回りの物の数や形状などについて,人前で実物や  ,写真などを見せながら話す活動。

(イ)自分の  や,欲しい物などについて,人前で実物やイラスト,写真などを見せながら話す活動。

(ウ)  や曜日,場所など,日常生活に関する身近で簡単な事柄について,人前で実物やイラスト,写真などを見せながら,自分の  や気持ちなどを話す活動。

①イラスト②好き嫌い③時刻④考え

② 言語の働きに関する事項
 言語活動を行うに当たり,主として次に示すような言語の使用場面や言語の働きを取り上げるようにする。

ア 言語の使用場面の例
(ア)児童の身近な暮らしに関わる場面

・家庭での生活 ・学校での学習や活動 ・地域の行事 ・子供の遊び など

  での生活
例1 I wake up (at 6:00). I go to school. I go home. I take a bath.
I do my homework.
例2 A: What time is it?
B: Itʼs 8:30.
例3 I eat lunch.
例4 This is my pet.
例5 A: Iʼm tired.
B: Are you O.K?

  での学習や活動
例1 A: Do you have a ruler?
   B: Yes, I do. I have a ruler. / No, I donʼt. I donʼt have a ruler.
例2 A: How many?
   B: Two.
例3 This is my favorite place.
   I like music.
例4 This is the music room.

・地域の  
例1 Letʼs dance bon-odori.
例2 I like Yamakasa festival.

・子供の  
例1 Rock, scissors, paper. One, two, three.
例2 A: Whatʼs this?
   B: Hint, please.
例3 A: Letʼs play dodgeball outside.
   B: Yes, letʼs.
例4 A: Letʼs play cards.
   B: Sorry.
例5 I like tag.
   I like Bingo.

①家庭②学校③行事④遊び
 
 

(イ)特有の表現がよく使われる場面
・挨拶 ・自己紹介 ・買物・食事 ・道案内 など

  

例1 Good morning/afternoon.
例2 A: Hello. How are you?
   B: Iʼm good.
例3 A: Letʼs start.
   B: Yes, letʼs.
例4 Hello. Goodbye. See you.
  
例1  Hello (Hi), I am Haruto. I like blue. I like baseball. I donʼt like soccer.
例2 A: Do you like soccer?
   B: Yes, I do. I like soccer.
  
例1 A: Hello. Do you have a pen?
   B: Sorry, no, I donʼt.
例2 A: What do you want?
   B: I want potatoes, please.
例3 A: How many?
   B: Two, please.
   A: Here you are.
   B: Thank you.
  
例1 A: What food do you like?
   B: I like pudding.
例2 This is my pizza.
例3 A: What do you want?
   B:A banana, please.
  
例1 Go straight. Turn right/left.
例2 This is the swimming pool/music room/gym.

①挨拶②自己紹介③買物④食事⑤道案内

イ 言語の働きの例
(ア)コミュニケーションを円滑にする
・挨拶をする  ・相づちを打つ など

  をする
例1 Hello.
例2 Hi.
  を打つ
例1 Yes.
例2 O.K.

①挨拶②相づち
 

(イ)気持ちを伝える
・礼を言う  ・褒める など

  を言う
例 Thank you.
  
例1 Good.
例2 Great.

①礼②褒める
 

(ウ)事実・情報を伝える
・説明する  ・答える など

  する
例1 This is a fruit. Itʼs green. Itʼs sweet.(果物を  している)
例2 I wake up at 6:00.(自分の生活について  している)
  
例1 A: Do you like pizza?
   B: Yes, I do.(相手の質問に対して,答えている)
例2 A: How are you?
   B: Iʼm happy.(相手の質問に対して,答えている)

①説明②答える
 
 

(エ)考えや意図を伝える
・申し出る  ・意見を言う など

  
例  A: Letʼs play cards.
   B: Yes, letʼs.
  を言う
例  I like Mondays.

①申し出る②意見
 
 

(オ)相手の行動を促す
・質問する ・依頼する  ・命令する など

  する
例1 Do you like blue?
例2 Whatʼs this?
  する
 例1 A: The A card, please.
    B: Here you are.
 例2 A: Hint, please.
    B: O.K.
  する
例1 Go straight.
例2 Turn right.

①質問②依頼③命令

指導計画の作成と内容の取扱い

(1)指導計画の作成上の配慮事項

(1)指導計画の作成に当たっては,第 5 学年及び第 6 学年並びに中学校及び高等学校における指導との  に留意しながら,次の事項に配慮するものとする。

ア 単元など内容や時間のまとまりを見通して,その中で育む資質・能力の育成に向けて,児童の主体的・対話的で深い学びの実現を図るようにすること。その際,  な課題等を設定し,児童が外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方を働かせながら,コミュニケーションの目的や場面,状況などを  して活動を行い,英語の音声や語彙,表現などの知識を,  つの領域における実際のコミュニケーションにおいて活用できるようにすること。

①接続②具体的③意識④三
 
 

イ   ごとの目標を適切に定め,  学年間を通じて外国語活動の目標の実現を図るようにすること。

①学年②2
 
 

ウ 実際に英語を用いて互いの考えや気持ちを  などの言語活動を行う際は,2の(1)に示す事項について理解したり練習したりするための指導を必要に応じて行うこと。また,英語を初めて学習することに配慮し,簡単な語句や基本的な表現を用いながら,友達との関わりを大切にした  な言語活動を行うこと。

①伝え合う②体験的
 
 

エ 言語活動で扱う題材は,児童の    に合ったものとし,国語科や音楽科,図画工作科など,他教科等で児童が学習したことを活用したり,  で扱う内容と関連付けたりするなどの工夫をすること。

①興味②関心③学校行事
 
 

オ 外国語活動を通して,外国語や外国の  のみならず,国語や我が国の  についても併せて理解を深めるようにすること。言語活動で扱う  についても,我が国の  や,英語の背景にある  に対する関心を高め,理解を深めようとする態度を養うのに役立つものとすること。

①文化②題材
 
 

カ 障害のある児童などについては,学習活動を行う場合に生じる困難さに応じた指導内容や指導方法の工夫を  ,組織的に行うこと。

①計画的
 
 

キ 学級担任の教師又は外国語活動を担当する教師が  を作成し,授業を実施するに当たっては,ネイティブ・スピーカーや英語が堪能な  などの協力を得る等,指導体制の充実を図るとともに,指導方法の工夫を行うこと。

①指導計画②地域人材

(2)内容の取扱い

(2)2の内容の取扱いについては,次の事項に配慮するものとする。
ア 英語でのコミュニケーションを体験させる際は,児童の  を考慮した表現を用い,児童にとって身近なコミュニケーションの場面を設定すること。

①発達の段階
 
 

イ 文字については,児童の学習  に配慮しつつ,音声によるコミュニケーションを  するものとして取り扱うこと。

①負担②補助
 
 

ウ 言葉によらないコミュニケーションの手段もコミュニケーションを支えるものであることを踏まえ,  などを取り上げ,その役割を理解させるようにすること。

①ジェスチャー
 
 

エ 身近で簡単な事柄について,友達に質問をしたり質問に答えたりする力を育成するため,  ・ワーク,  ・ワークなどの学習形態について適宜工夫すること。その際,相手とコミュニケーションを行うことに課題がある児童については,個々の児童の  に応じて指導内容や  を工夫すること。

①ペア②グループ③特性④指導方法
 
 

オ 児童が身に付けるべき資質・能力や児童の実態,教材の内容などに応じて,視聴覚教材やコンピュータ,  ,教育機器などを有効活用し,児童の興味・関心をより高め,指導の  や言語活動の更なる充実を図るようにすること。

①情報通信ネットワーク②効率化
 
 

カ 各単元や各時間の指導に当たっては,コミュニケーションを行う目的,場面,状況などを明確に設定し,  を通して育成すべき資質・能力を明確に示すことにより,児童が学習の見通しを立てたり,  することができるようにすること。

①言語活動②振り返ったり


 

1 外国語活動においては,言語やその背景にある文化に対する理解が深まるよう指導するとともに,外国語による聞くこと,話すことの言語活動を行う際は,  を取り扱うことを原則とすること。

2 第1章総則の第1の2の(2)に示す道徳教育の目標に基づき,道徳科などとの関連を考慮しながら,第3章  の第2に示す内容について,外国語活動の  に応じて適切な指導をすること。

①英語②特別の教科道徳③特質
 
 
あわせて読みたい 
【小学校英語指導者資格(児童英語教師) 】の難易度・合格率・学習期間・将来性・需要など
【小学校英語指導者】児童英語教師とは(取得方法・養成講座・難易度・活躍の場・将来性・需要など)
 

小学校教員採用試験編メニュー

アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ広告 大
レスポンシブ広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする