【小学校英語指導者資格(児童英語教師) 】の難易度・合格率・学習期間・将来性・需要など

「小学校英語指導者」資格とは

小学校での英語活動・英語教育を行う上で、必要な知識と技能を有し、児童英語教育指導者として十分な能力を有すると小学校英語指導者認定協議会( J-SHINE )が認めたもの。

小学校英語指導者認定協議会 (略称:J-SHINE)とは
日本における「小学校での英語教育の普及・発展を支援する」 という趣旨のもと、2003 年 2 月に内閣府へ「特定非営利活動法人」としての申請を行い、民間主導で設立された 英語教育指導者の資格認定を行う NPO です。
本協議会では日本の小学校での英語教育を促進するため、全国の教育関係諸団体が協力して 小学校英語の指導者の養成をはかり、全国の教育現場での小学英語活動を支える体制を作り上げます。 また、小学校英語教育を推進する事業を行い、その成果をもって日本の英語教育の発展に努めます。

取得方法

小学校英語指導者資格[J-SHINE( 小学校英語指導者認定協議会 )]の資格を取得するためには、J-SHINEの認定を受けた登録団体(アルクなど)が主催する「指導者養成講座」を修了し、その団体から推薦を受け、願書を出願することが必要です。

「指導者養成講座」の受講アルクの場合)⇦私が利用した認定登録団体

①通信講座
(内容)
・「確認テスト」毎回、70点以上が合格(全6回各100点満点)
・「レッスンプラン」全2回、B-以上が合格(A+~Dまで10段階評価)

②スクーリング
(内容)
・2日間のスクーリング又は『DVD版 小学校英語指導者資格取得研修講座』を受講

③資格の申請
所定のカリキュラム修了後、アルク(認定登録団体)の「資格認定の手続き」に従い書類などを作成して、アルク(認定登録団体)に資格の申請を行います。


アルク(認定登録団体)は、自己評価シート、通信講座の規定の成績等を基に、
審査し、推薦書を作成。

アルク(認定登録団体)→J-SHINE本部へ、願書と推薦書を提出し、申請。

「小学校英語認定指導者資格」を取得!

 
 
 公式ページ 
2020年度から実施の小学校での英語教育に対応!

 
 
 

「小学校英語準認定指導者資格」から『小学校英語指導者資格』への資格変更の申請は、研修講座の受講修了のほか、次の 2 点の基準を満たしている必要があります。

① 指導時間 50時間以上の実施経験があること。
(英語教室や小学校などで、幼児および小学生を対象とした英語の指導経験)

② 英語力の目安として、英語で授業が行えること。

 
 

 

小学校英語指導者資格証明書

 

学習期間

6カ月~18カ月(1日60~90分×週5日)
小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース」における目安です。

難易度

★★★☆☆(やや難しい)

国家試験のような筆記試験はありませんが、ある程度の英語力(TOEIC600点英検2級程度)は必要です。

合格率(取得率)

非公開。

アルクの「コンプリートコース」での「小学校英語認定指導者資格」取得率は100%のようです。(アルクホームページより)

「コンプリートコース」…「児童英語教師養成コース」と「DVD版研修講座」のセット

活躍の場

小学校
(2020年度から小学校5・6年生で『外国語』が教科になります。3・4年生では『外国語活動』が必修化されます。)

幼稚園、保育園

英語教室(自宅塾)

英語サークル

民間の外国語教室

など

将来性・需要

グローバル化が急速に進展する中で、外国語によるコミュニケーション能力は、これまでのように一部の業種や職種だけでなく、生涯にわたる様々な場面で必要とされることが想定され、その能力の向上が課題となっています。(小学校学習指導要領より)

小学校教育においても2020年度から高学年において『外国語(英語)』が教科になります。小学校教師の多くは英語に自信が持てず、必修化に不安を感じているのが実情であり、小学校英語指導者の必要性が高まると予想されます。

資格の種類

「小学校英語準認定指導者」資格
「小学校英語指導者」資格を付与するには指導経験時間が不足しているが、指導者としての知識などについて一定の技能と知識を有していると認定するものです。この資格を得た後、その指導者の指導時間が 50 時間を越えたと登録団体が認めた段階で、「小学校英語指導者」の正資格に書き換えることができます。

「小学校英語指導者」資格
小学校での英語活動・英語教育を行う上で、必要な知識と技能を有し、児童英語教育指導者として十分な能力を有すると J-SHINE が認めたもので、「小学校英語指導者」は J-SHINE の認定する資格すべての基本となる資格です。

「小学校英語指導者⁺(プラス)」資格
小学校での英語活動・英語教育を行う上で必要な知識と技能を有し、50時間以上の指導経験とCEFR B2以上を有する資格です。

「小学校英語上級指導者」資格
「小学校英語指導者」資格を取得した後、小学校での指導時間数が200時間を超えて、小学校長もしくは教育委員会から認定を受けたを優れた指導者として J-SHINE が認めたものです。

「小学校英語上級指導者⁺(プラス)」資格
「小学校英語指導者準資格」もしくは「小学校英語指導者資格」を習得した後、小学校での指導時間数が200時間を超えて小学校長もしくは教育委員会から推薦を受け、且つ英語力がCEFR B2以上の資格です。

「小学校英語指導者育成トレーナー」
この資格は、「英語指導者育成講座を企画立案し、指導者を指導する者」としての知識・技能などの能力を備えていることを認定する資格です。J-SHINE が主催する資格検定の試験に合格することで資格が付与されます。
トレーナー資格も、通常の指導者資格や上級資格とあわせて所持する必要はありません。

本ページは特定非営利活動法人小学校英語指導者認定協議会ホームページより一部引用しています。

 
アドセンス関連コンテンツ



スポンサーリンク
AdSence大




AdSence大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AdSence大